カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産婦人科・産院 >
  4. 選び方・ポイント >
  5. 妊娠したらまずはコレ!病院・産院の種類と特徴のまとめ

妊娠・出産

妊娠したらまずはコレ!病院・産院の種類と特徴のまとめ

誰もが不安を抱える妊娠から出産までを、隣で支えてくれるのが産院。しかし、ただ家から近い、というだけで産院を決めてしまってもよいのでしょうか。

今回は産院に関する基礎情報をご紹介します。

 

産院は4種類ある

産院はまず大きく分けると、「医療機関」と「助産院」の2つがあります。そして「医療機関」には「総合病院」「周産期専門病院」「個人経営医院」の3種類に分類することができます。その3種類の医療機関と助産院の計4種類の産院から、出産場所を選ぶことになります。それぞれ、どのような特徴があるのでしょうか。

  

1.総合病院の場合

産婦人科以外にもさまざまな診療科がそろった大きな病院です。大学医学部に付属している、大学病院もこれに当てはまります。総合病院では、別の出産施設からの紹介を受けた、出産に際してのリスクが高い(高齢出産や多胎妊娠、合併症など)妊婦さんが健診、出産するケースがほとんどで、基本はリスクの少ない妊婦さんは受け入れられません。

  

総合病院の長所

診療科がそろっているため、胎児やママに異変が起きた場合などの緊急事態に迅速に対応することが可能です。妊娠中に合併症などがあれば同病院内にある別の科にて治療を受けることができます。出産時に赤ちゃんに何かあった場合も、新生児集中治療室(NICU)が併設されている場合が多いため、すぐに対応してもらえるでしょう。こういった設備環境の充実によって高リスク妊娠、出産の方をサポートしているのです。

  

総合病院の短所

しかし、大きい病院だからこそのデメリットもあります。医師の在籍人数が多く、患者の人数も多いため、毎回同じ先生に診てもらえないことも。また、患者の人数が多いということは、待ち時間が長くなり、診察時間も短くなりがちになる可能性もあります。

分娩に対する希望も、叶えられるものに制限があり、自分のしたい出産は難しいかもしれません。通常の妊娠と違って高リスクな場合が多いため、より安全な出産という側面で判断されるケースが多いと考えられます。

2.周産期専門病院の場合

総合病院と同レベルの医療体制が整っているにもかかわらず、個人の選択で分娩を希望することできる病院です。新生児集中治療室(NICU)も併設されていることが多くあります。

  

周産期専門病院の長所

総合病院に比べると、在籍する医師の数が少ないため、同じ先生に診てもらえるようなスケジュールが組みやすくなります。また、小児科が併設されている場合も多いため、出産後も引き続き同じ病院で、子供の診察や予防接種などを受けられるのがメリットです。

  

周産期専門病院の短所

妊婦健診の予定は組みやすいものの、医師が交代制のため、分娩時は担当の先生ではないことも。また個人医院に比べると、より高度な医療を受けることができますが、それでも母子ともに大きなトラブルがあった場合は、総合病院に移るケースがあります。

3.個人経営医院の場合

診察科目が産科・産婦人科に限定している、医院やクリニックで比較的リスクの少ない妊婦さんを対象としています。

  

個人経営医院の長所

規模が小さいため、産院の中ではアットホームな部類になります。初診から出産まで一人の担当医に診てもらえることが多いため、医師との信頼関係が気づきやすいです。医師だけでなく、院内でもスタッフと顔見知りになりやすいため、気軽に質問しやすいかもしれません。また、バースプランなどの希望も叶えやすくなります。産院によっては、両親教室や、ヨガやエクササイズなどのマタニティ教室を開講していたり、産後の入院中には豪華な食事がでたり、エステを受けられたりなどのサービスが充実していることも。

  

個人経営医院の短所

規模が小さいが故に、受け入れ数に限りがあり、人気の産院は早くに分娩予約が埋まってしまう場合も。また分娩中にトラブルが起きた際は、対応できるだけの設備が整っておらず、総合病院に搬送される可能性があります。サービスが充実している分、出産費用が他の産院より高くなる傾向にあります。

 

4.助産院の場合

助産師の資格を持つ人が、10床未満のベッド数で、分娩施設を開業しているのが助産院です。そのため、助産院には医師が在籍しません。アットホームさが最大の特徴です。

  

助産院の長所

家庭的な雰囲気のため、助産師さんとの距離も近く、信頼関係が築きやすいのが未了です。また、「自分のしたいお産」が叶えやすく、さまざまなスタイルでの分娩が可能に。家族全員が出産に立ち会えるケースも多く、産後も母乳指導などを含め母子のサポートをしてくれます。

 

助産院の短所

医師がいないため、帝王切開や無痛分娩、会陰切開などの医療行為を受けることができません。そのためリスクのない妊娠・出産でないと助産院で出産することができないのです。また、妊婦健診の内容によっては助産院ではなく、医療機関で受ける必要があり、2か所に通院することになります。また、妊婦健診の補助チケットが使えない場合もあります。

妊娠したらまずは産院選び!

産院の種類ごとの大まかな紹介をしましたが、出産のスタイルや食事、産後の赤ちゃんのケア方法など、それぞれの産院が独自の方針を打ち出しています。

まずは産院の種類を絞り、該当する産院を何か所かまわって、話を聞いてみるのもいいかもしれません。大抵の産院は、見学や相談を受け入れてくれます。行く前に必ず電話で確認して下さい。

  

一生に一度、もしくは数回の出産です。自分のスタイルに合った出産ができる産院が、見つかるといいですね!

 

(Photo by:https://www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-06-25掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

選び方・ポイントに関する記事

妊娠しても受診しない「未受診妊婦」未受診の場合、ママ・ベビーに増大するリスクとは?

「生理が来ない、もしかしたら妊娠しているかも?」と、気づくとまずは病院で調べても...

迷う?助産院・病院での出産…それぞれの出産のメリットとデメリットを比較!

どこで出産するのか?は妊婦さんが選択しなければいけない、多くのことのひとつで...

産婦人科・産院の体験談

助産院のメリットとデメリットについて

私は、助産院で里帰り出産をすることにしました。理由は母の勧めです。 母曰く、病院で産むのは「産んだ...

産婦人科での検診が苦痛(:_;)

子どもを妊娠したら、定期的に検診が必要ですが、私はその検診での内診が苦痛でたまりませんでした。 羞...

カラダノートひろば

選び方・ポイントの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る