カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 統合失調症 >
  4. 統合失調感情障害(分裂感情障害)の治療例~ジプレキサ系統の新規抗精神病薬「シクレスト」~

メンタル

統合失調感情障害(分裂感情障害)の治療例~ジプレキサ系統の新規抗精神病薬「シクレスト」~

最近の話題では、歌手の宇多田ヒカルさんの亡くなったお母さんが統合失調感情障害だった可能性があると言われています。統合失調感情障害は脳の異常である統合失調に、気分障害が併発した精神病です。長く治療しないでいると脳のダメージが深くなり、症状がひどくなると言われています。ここでは、統合失調感情障害の治療例について紹介します。

 

▼男性38歳 Aさん

◎患者の訴え

「父がひどい監視をしてくる。父は悪霊に取りつかれていて、私を不幸にしようと様々なことをしてくる。」と親戚や周囲に触れ回っているため、Aさんの父親がAさんを心配し、カウンセリング相談に来られる。

 

◎患者への声かけ

統合失調感情障害の場合、家族に対しても被害妄想が強い場合が多く、家族の治療の勧めを避けやすい傾向にあります。Aさんの父親も病院受診を呼びかけましたがうまくいかず、「親戚から私(父親)がおかしいからお前を不幸にしていると言われた。それを解決したいから一緒に病院へ行ってくれないか?」と『父親がおかしい』という本人の枠組みに寄り添う形で、患者Aさんの受診へこぎつけました。

 

受診を促すポイント

・患者の不安をとりさりたいという気持ちを伝える。

・迷ったような態度をとらず、病院へ行けば必ず解決するという態度であたる。

・病院に行かないと「悪くなるよ」とは言わず、「助けてもらえるから行こう!」と誘う。

・本人が執着している妄想の訴えがあるなら、それを利用して病院へ誘う。

 

◎治療開始

投薬により心の安定を図りながらカウンセリングを開始。本人が納得する形で、統合失調感情障害の可能性があることを受け入れてもらう。(妄想などにより危険がある場合は、当初入院して行う場合もある)

統合失調感情障害の病識について理解し、自分のパターンを把握し、社会に適応するための訓練が必要であることを知ってもらう。

患者Aさんから、悪霊の声が聞こえなくなったと報告あり。

同じような症状を持つ患者の会に参加し、Aさんは自分の病気を受け入れ、治癒への意欲をもつ。

通院しながら、コミュニケーション訓練や社会へ出るための準備をすすめる。

薬を服用しながら、週3日のアルバイトをはじめる。

 

(Aさんの場合、初診からアルバイト復帰まで3か月ぐらい)

 

統合失調感情障害は脳の疾患であり、慢性であることがほとんどです。患者自身が自分の病気のパターンを知り、家族がそれを応援していく形がのぞましく、その上で投薬を続けながら病状を安定させていけば、患者さんらしい形で、社会復帰することも十分可能です。また、安定していても、大きなストレスがかかると一気に悪化することもあります。周囲の助けや主治医との連携が不可欠な病気です。

 

統合失調症と類似症状を現す『抗NMDA受容体抗体脳炎』ステロイドで8割が軽快?

統合失調症は、先天的な要因があって、それに伴って何らかのイベントが起因することで、中枢神経のドーパミンの調整に異常を来たし発症します。

 

従来はこのような見解が一般的でしたが、近年ではドーパミン以外による発症説やその他様々な別の疾患との結び付けが行われています。

 

中でも、最近注目されているものに『抗NMDA受容体抗体脳炎』というものがあります。この疾患は統合失調症のような『幻覚・妄想』症状が現われる疾患ですが、その原因は自己免疫性疾患による脳炎であり、治療薬である『ステロイド』を早期投与すれば寛解する可能性が高くなるというものです。

 

症状が軽度だと統合失調症として治療継続されている場合も

抗NMDA受容体抗体脳炎の特徴としては、『痙攣・呼吸抑制』などの随伴症状があるとされており、一見統合失調症とは混診されないと考えられますが、精神医療サポートセンターの見解のよれば症状が軽度である場合それらの随伴症状は見られず、統合失調症と判別がつかないまま精神科で治療を継続しているケースがあるのではないかとされています。

 

治療法について

■第一治療

腫瘍が発見された場合は除去を行う。その後【ステロイドパルス療法、免疫グロブリン大量療法、血漿交換療法】を検討する。

 

■第二治療

抗がん剤【リツキシマブ、シクロホスファミド】の投与を検討する。

 

ステロイド治療の効果について

近年、オックスフォード大学の研究で、『抗NMDA受容体抗体脳炎に早期ステロイド治療を行うことで8割が回復した』という報告が行われました。

 

■ステロイドの早期投与で、約8割が寛解した症例

【対象】英国神経学調査チームによる、基準に適合した31人の小児(脳障害:31人中24人/精神症状の程度:精神神経症状90%、てんかん発作および運動障害67%)

 

【研究内容】2010~2011年の1年間において、全員にステロイド投薬、うち22人(71%)に免疫グロブリンの静脈注射、9人(29%)に血漿交換療法、10人(32%)に追加的な免疫治療を実施した。

 

【結果】早期に診断を受けていた23人のうち18人(約8割)が寛解した。遅れて診断された8人では、うち1人だけが回復した。

 

抗NMDA受容体抗体脳炎の症状の特徴として、幻覚などの統合失調症症状が発症する前に風邪のようなウイルス様症状(発熱、頭痛など)が見られる場合が多いと言います。

 

もし心当たりのある場合は、検査としてCT・MRI(特に卵巣:高率で卵巣奇形腫を合併していることが多いため)や卵巣腫瘍マーカーを行うことが必要になります(一般の血液検査では、値が上昇しないことも多いため)。

 

統合失調症の治療に、アミノ酸の一種「グリシン」が有効となる可能性?グルタミン酸神経系の改善

従来、統合失調症(SZ)の発症原因には、遺伝要因と脳内ドーパミン濃度の調整異常が関わっていると考えられていましたが、ドーパミンを調整する治療薬だけでは上手く行かない症例が多く、最近の研究では数多くの因子が関連していると考えられています。

 

中でも特に注目されているのが「グルタミン酸神経系の伝達異常」と「エピジェネティックスの関与」であり、グルタミン酸神経系を調整する物質として、アミノ酸の一種「グリシン」や「D-セリン」が挙げられています。

 

これまでの抗精神病薬と異なる側面から病態を改善できる補助薬として、期待がもたれています。

 

統合失調症では「グルタミン酸受容体」が正常に機能していない?

グルタミン酸受容体(のひとつNMDA受容体)は、学習記憶に関わる人間にとって重要なレセプターです。

しかし、SZにおいては、グルタミン酸が正常に受容体を通過しておらず、細胞膜に溜まり細胞死や受容体の障害を起こしているという報告もあります。

 

■SZにおけるグルタミン酸に関する研究報告

・グルタミン酸受容体のひとつ、NMDA受容体機能が低下しており、それによってドーパミン伝達が亢進しやすくなる

・グルタミン酸放出増加が細胞死を引き起こし、細胞膜のNMDA受容体を減少させる(PMID: 9721099)

 

グリシンの経口投与がグルタミン酸受容体のゲートを開かせる可能性

NMDA受容体が正常に働くメカニズムには、2種のアミノ酸が受容体に結合し、通過孔を塞いでいるMg2+(マグネシウムイオン)を退かせることが必要になります。

 

■NMDA受容体のメカニズム

・NMDA受容体は2種類×各2個づつ=4個から成り立っており(NR1とNR2が2個づつ)、その中心(通過孔)をイオンが透過する。

・NR1にはアミノ酸「グリシン」が結合する部位があり、この結合がなければ中心を塞いでいるMg2+を除いて通過孔を開けない。

 

このように、グリシンが欠乏状態にあるとNMDA状態が正常に作動しませんが、海外研究によればグリシンの経口投与がこの改善に有効であるという報告もあります。

 

■SZにおけるグリシンに関する報告報告

・グルタミン酸神経系を機能させる「グリシン」の血中濃度が低下しており、「D-セリン」の分解酵素DAOが上昇している(J Psychopharmacol. 24:1055-1067, 2010 )

・グリシン血中濃度はPANSSの陰性症状得点、SANSの合計点と負の相関があった。

 

統合失調症へのグリシン投与に関する臨床試験の結果

■グリシン投与により、SZ患者の陰性症状が改善したという臨床試験(PMID: 8932891)

【試験内容】

抗精神病薬を服用している統合失調症患者11名に、グリシン(0.8 g/kg/日)6週間にわたり摂取してもらった。二重盲検、プラセボ対照によって試験を実施した。

 

【結果】

・グリシンは忍容性が良好であった。

・血中グリシン濃度は大幅に増加した。

・陰性症状が平均7%改善し、抑うつ、認知症状も有意に改善した。

 

■サルコシンの投与で、SZ患者のグルタミン酸濃度が顕著に減少したという臨床試験(PMID: 26501260/PMID: 26306650)

【試験内容】

支配的な陰性症状のあるSZ患者50人(抗精神病薬を服用)に対し、サルコシン(メチル化グリシン)またはプラセボを6ヶ月間服用してもらった。

 

【結果】

・サルコシン投与群は、海馬のGlx/Cr(Glx:グルタミン酸+グルタミン酸塩+GABA、CR:クレアチン)が顕著に減少した。

・サルコシン投与群は、臨床症状の改善と同時に、神経細胞の生存率(NAA)と神経細胞の活性(MI)のマーカーを増加させた。

 

⇒サルコシンの毎日2g投与は、統合失調症の補助治療として有効になる可能性がある。

 

■サルコシンの投与で、SZ患者の病態評価スケールが改善したとする臨床試験(PMID: 19887019)

【試験内容】

慢性SZ患者60人に対し、2g/日×6週間にわたり2薬のいずれか(D-セリン、N-メチルグリシン(サルコシン))を投与した。二重盲検、プラセボ対照によって試験を実施した。

 

【結果】

・サルコシンは、4つ全ての評価スケール(PANSS/SANS/QO/GAF)でプラセボよりも優れていた

・一方、D-セリンは、プラセボと有意差はなかった。

・サルコシンの忍容性は良好であった。

 

このように、グリシンの効果についてはメチル化されたグリシンであるサルコシンのほうが脳へ移行しやすく効果が高いことが分かっています。

 

ただ、サルコシンの投与は前立腺がんの発症やDNAメチル化と相関があるという報告もあり、グリシンそのものの方が安全性が高く、また入手しやすいようです(通販サイトなどで甘味料として販売されている)。

 

またグリシンに作用する治療薬も現在研究開発されているということから、こちらにも期待がもたれています。

 

 

ジプレキサ系統の新規抗精神病薬「シクレスト」、効果の特徴と副作用は?

今年(2016年)5月、統合失調症の新規治療薬(抗精神病薬)である「シクレスト舌下錠(一般名:アセナピン)」が日本で発売となりました。

この治療薬は舌の下に錠剤を置いて、粘膜吸収させることで血中へ移行し、肝臓で分解を受けずにそのまま脳へ送り出されるため、高い治療効果が期待できます。

では、その効果や副作用は従来薬と比べてどれほどの違いがあるのでしょうか?

 

抗精神病薬とは?

抗精神病薬とは、主に統合失調症の治療に使われる薬で、脳内のドパミンが過剰になっている部分(中脳辺縁系)を抑えて、「幻覚・妄想(陽性症状)」を改善し、またドパミンが足りない部分(中脳皮質系)を補って、「意欲が出ない・集中できない(陰性症状)」を改善する作用があります。

 

シクレスト錠は、他の同系薬に比べ「口渇・便秘」の副作用が少なめ

シクレスト錠は、第二世代抗精神病薬の中でもMARTA(多元受容体標的化抗精神病薬)という分類に属する薬です。

 

MARTAに属する薬には、その他にも「ジプレキサ」「セロクエル」などの薬があり、これらはさまざまな受容体を遮断するため、全体的に調整する効果があるとともに、眠気や口渇などの副作用が出やすい傾向にあります。

 

ただ、シクレストはドパミン遮断作用が強いため、比較的SDA(セロトニン・ドパミン遮断薬)に近い性質をも持ち合わせており、またその効果の強さから処方量が少なくすむため、他のMARTAに比べ、副作用(口渇・便秘に関して)は少ないといわれています。

 

■適応

統合失調症

(※適応外:双極性障害Ⅰ型の躁症状や躁うつ混合症状)

 

■用量は最大20mgまで

1日2回で10mg/日から開始し、最大20mgまで増量可能。

 

■半減期は24時間

最高血中濃度到達時間が1時間、半減期が24時間

 

総合的な効果は「ジプレキサ」よりもやや劣る

 

シクレストの効果の特徴としては、陽性症状の抑制はジプレキサと同等、陰性症状の改善は8週後くらいからジプレキサよりも有意差が見られたという結果が出ているようです。

その他、興奮、不安、抗うつにも効果があります。ただ、医師の見解では、ジプレキサよりも鎮静効果に関しては弱い可能性があるということです。また、睡眠が深くなるという特徴もあります。

 

■医師によるMARTAの性質比較(引用:医者と学ぶ心のサプリ)

・効果の強さ:ジプレキサ>シクレスト>セロクエル

・副作用の少なさ:シクレスト>セロクエル>ジプレキサ

 

■受容体の遮断効果の比較(引用:同上)

(※各受容体を遮断することで得られる効果⇒D2遮断:陽性症状改善、5-HT2A遮断:睡眠・鎮静、5-HT2C遮断:睡眠・食欲改善、α1遮断:低血圧、H1遮断:眠気・食欲、M1遮断:口渇・便秘など)

 

□エビリファイ

【D2遮断:非常に強い】【5-HT2A遮断:強い】【5-HT2C遮断:中等度】【α1遮断:弱い】【H1遮断:弱い】【M1遮断:-】

 

□ジプレキサ

【D2遮断:強い】【5-HT2A遮断:非常に強い】【5-HT2C遮断:中等度】【α1遮断:中等度】【H1遮断:強い】【M1遮断:強い】

 

□セロクエル

【D2遮断:弱い】【5-HT2A遮断:中等度】【5-HT2C遮断:-】【α1遮断:強い】【H1遮断:中等度】【M1遮断:弱い】

 

□シクレスト

【D2遮断:非常に強い】【5-HT2A遮断:非常に強い】【5-HT2C遮断:非常に強い】【α1遮断:強い】【H1遮断:強い】【M1遮断:-】

 

「錐体外路症状」の副作用はやや多め

シクレストの副作用に関しては、上記のようにM1(ムスカリン受容体)への遮断作用がほとんどないため、口渇や便秘などの副作用が少ない薬といえます。また体重増加に関しては、ジプレキサよりも軽減されているようです。

 

ただ、ドーパミンを強く抑制することによる「錐体外路症状(パーキンソン病に似た症状)」やα1(アドレナリン受容体)とH1(ヒスタミン受容体)の遮断による「ふらつき」「眠気」がやや多いというデメリットはあるようです。

 

このように、シクレストはMARTAのなかでも「抗幻覚・妄想作用」が強く、ある程度「陰性症状・鎮静・抗不安」にも効果があり、「口渇や便秘」などの抗コリン作用がわずか、錐体外路症状は比較的多いということが分かりました。

 

シクレストはまだ臨床データが不足しているということですので、長期の服薬に関しては医師への相談が必要となるようです。

 

重症精神疾患に『多剤併用処方』は必要?その必要性と危険性について

長年、国内では精神疾患患者への多剤併用処方が問題となっています。

2011年に行われた調査では、精神科入院患者の約4割が3剤以上の処方を行われているという報告があり、特に精神疾患の中でも治療が困難である統合失調症患者では2,000mg以上の大量処方(また錐体外路副作用予防のため、抗パーキンソン病薬の併用投与も加える)が行われている例も少なくなく、長期間投与で脳機能障害の悪化や依存、その他のリスクを大きく上昇させることが報告されています。

 

近年、国立精神・神経医療研究センターによる多剤併用処方に対するガイドラインで、『単剤処方を基本とし、多剤・大量処方の場合は、診療報酬の減点の措置を行う』ことが発表されました。

ただ、このような動きの中でも重症患者においては多剤併用は必要だという声も多く、日本精神神経学会は反対の見解を述べています。以下では、その詳細について見て行きたいと思います。

 

多剤併用処方の何が問題なのか?

国立精神・神経医療研究センターによると、多剤大量処方はどの薬が効いているのかが不明確であり、治療計画が立てにくい上、副作用のリスクも増大することが問題だと指摘しています。

 

<具体的な多剤・大量処方による影響>

◆向精神薬のなかでも、特にベンゾジアゼピン系は心身における依存性が高く、離脱が困難となる。

 

◆身体が薬剤を必要としないまでに回復していても、薬剤血中濃度が低下することで神経伝達物質のバランスに異常が生じ、精神症状(強い不安・焦燥感・攻撃性・衝撃性・健忘・希死念慮)や身体症状(耳鳴り・頭痛・体の痛みなど)様々な症状を呈する。

 

単剤処方でどれだけの治療成績となるか?

あおぞらクリニックの医師によれば、97人の統合失調症患者を対象とした単剤処方による治療成績を以下と説明しています。

 

◆発病後初めて入院された97人への処方(隔離・拘束された人が約3分の1、注射を必要とした人が約3分の2)

【処方】

急性期~回復時点の抗精神病薬の用量は、3.0~3.5mg、再発予防のための維持療法は、単剤率83~85%、用量は2.4~2.6mgで、治療量・維持量をあわせて2~4㎎の範囲であった。

 

【経過】

単剤療法で最終的には受診者の9割近くが回復される結果となった。

⇒多剤併用は、単剤以上の効果があるという研究報告はなく、用量に関しても、過去にクロールプロマジン、ハロペリドールを用いて、通常量の10~100倍に及ぶ大量療法が試みられたが、その後の研究で急性期にも慢性期にもほとんど役に立たないことが立証された、と述べられています。

 

⇒多種併用については、「多種・微量」処方であれば(大量処方ではない)効果がある可能性も述べられています。

 

離脱症状を生じさせず、減薬する方法とは?

国立精神・神経医療研究センターなどの情報によると、以下のように非常にゆっくりとしたペースで1剤づつ減薬すれば、大きな離脱症状を生じさせること無く、安全に減薬できると述べています。

 

<向精神薬・投与開始後1~6ヶ月程度の場合(長期投与の場合は、詳細な減薬計画が必要)>

◆基本は『ほんの少しだけ薬が少ないと感じる状態で、離脱症状が過ぎるのを待つ』。

◆1剤づつ減薬する(不都合が生じたときに、原因の特定ができるように)。

◆1回ごとの減薬期間を2週間以上はあけることが必要。

◆クロルプロマジン換算で600mg以下に減薬の場合:50~25mg/回量を減薬する。

◆クロルプロマジン換算で1,000mg以上~600mgに減薬の場合:100mg以下/回の減量を目標にする。

 

統合失調症の予防法!不安をなくして普段の食事に気をつけよう!

統合失調症は、妄想や幻覚などの症状があらわれます。夢をみながらおきているような状態です。

 

統合失調症の症状

不安感から、あるはずのない声がきこえたり、強迫観念になやまされたりします。また幻聴の声から逃れようとすると、さらに聴いてしまうというような、下向きのスパイラルに陥ってしまうようなことも少なくありません。

 

・大事なことは、不安をできるだけ軽減すること

・思いつめたような考えをしないこと

 以上のことが大切になります。

 

あるはずのない声がきこえたり、突拍子もないような考え方をするようなこともありますが、できるだけ軽い考えをもってください。「どうなっても別にいいや」「たいしたことじゃない」と考えることで、気持ちが軽くなり、脳内物質の分泌などにもいい影響がでます。

 

統合失調症はドーパミンの過剰分泌によるものだといわれているので、食生活に気をつけることはとても大切なことです。

 

統合失調症に効果的な食物

◆神経伝達物質を調整する食物◆

乳製品、レバー、赤身魚、肉類等、バナナ、大豆、魚

 

◆ドーパミン抑制作用のある物質を含む食物◆

発酵食品、玄米、カカオ、チョコレート等、小魚

 

◆過剰摂取によって気分変調の原因になる食物◆

穀物(米、パン、パスタ)

カフェイン

 

神経物質を調整するような食物や、ドーパミンを抑制する食物をバランスよくとるようにし、気分変調の原因となるものは控えるとよいですね。

 

・三食バランスよくしっかりとること

・よく噛んで食べること

・間食は控えること

・水分を無理なくとること

以上のことに気をつけるとさらに良いです。

 

不安感をやわらげるためには、自分の病気と向き合いつつも決して思いつめないで軽く考えること、また普段の食事に気をつけることが大切だということですね!

 

統合失調症の治療方法~食事改善で血糖値をコントロール!

脳の神経機能がうまく働かず、感情のコントロールや正しい意思決定ができなくることがあります。

このような慢性疾患を統合失調症と言います。

統合失調症の症状は、幻覚や妄想、落ち着きのない行動をしたりします。

 

あまり聞きなれない病気ですが、実はとても身近な病気であり、およそ100人中1人がかかっていると言われています。

軽度の人は通常の生活が送れるため、普通の人ともかわらないのが特徴的です。

原因については、分かっていない部分が多く、治療が難しい病気でもあります。

 

統合失調症の治療方法

●食事と栄養素

統合失調症の方は、栄養障害を伴っている方が多いようです。

特に多いのが、ビタミンBやタンパク質の不足、低コレステロール血症などが挙げられます。

このような偏った栄養障害が統合失調症の神経症状の要因の一つとなっていることが多いようです。

何が不足しているか明らかにするためには、日常どのような食べ物を口にしているかを明らかにする必要があります。

このように明らかにすることで、普段の食生活の改善点や治療方法が明らかになります。

 

●血糖値

糖尿病や血糖値の調節異常の患者さんに統合失調症症状が多く見られます。

血糖値は統合失調症には重要なのです。

血糖をコントロールするために必要不可欠な、良質なタンパク質や脂質中心の食事をとりましょう。

また、血糖コントロールを正しくするためには、食事改善・投薬治療が必要となります。

統合失調症の治療をすすめながら、血糖異常の治療を行いましょう。

この血糖値が統合失調症の要因となっている場合には、血糖異常の治療を行うことで症状が緩和します。

統合失調症は治らない病気ではありません。

以前は様々な偏見により、通院のしにくい病気でした。しかし、現在では統合失調症は誰にでも起こりうる病気だと分かっています。

 

統合失調症は通院をしなくては治らない病気です。

その人の症状により治療方法が異なりますので、医師に相談してみましょう。

 

(Photo by:http://pixabay.com/ja/%E4%BA%BA-%E7%94%B7-%E5%A4%A2-%E6%9C%A8-%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F-%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC-%E3%82%AD%E3%83%BC-%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3-208197/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-11掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

統合失調症に関する記事

統合調症になりやすい子どもとは?

将来統合失調症になる子どもは、しょっちゅういじめられている子かというと、必ず...

妄想が現れる?統合失調感情障害(分裂感情障害)の病識

ここでは妄想や幻聴がでてくる精神病のひとつ、統合失調感情障害(分裂感情障害)...


統合失調症の薬の副作用?~水中毒とは~

「水中毒」ってご存知ですか? 「水中毒」と呼ばれるこの症状は、おそらく一般...

統合失調症患者は痛みに鈍感~統合失調症の様々な幻聴・その内容とは?~

統合失調症患者は健常者よりも痛みに鈍感だと言われています。これは全く痛みを感...

カラダノートひろば

統合失調症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る