カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 健康食品・飲料 >
  4. 成分別 >
  5. 認知症に有効な物質『クルクミン(ウコン)』摂取には注意が必要

健康診断・健康管理

認知症に有効な物質『クルクミン(ウコン)』摂取には注意が必要

『ウコン』を摂取しすぎると、『肝炎』の恐れがある?

今月の(2014年3月)毎日新聞の記事に、ターメリックに含まれるポリフェノール『クルクミン』の摂取に関して医師へのインタビューから注意喚起が行われました。

 

クルクミンは、胆汁酸の分泌作用があることから飲酒による二日酔の予防への効果や、また近年では『アルツハイマー病』発症の原因とされる、脳に沈着する老人班(アミロイドβたんぱく)を消去する効果があるとして注目されましたが、この継続的な摂取が『肝炎』を引き起こす可能性があるため、『健康に良いと妄信しすぎないことが重要』と言われています。

 

では、許容範囲とされる摂取量はどの程度なのでしょうか?

以下では、その詳細について見ていきたいと思います。

 

クルクミンの効果とは?

<クルクミンとは?>

クルクミンは、ショウガ科の多年草である『ウコン』に含まれるポリフェノールの一種で、胆汁の分泌促進し、肝臓の働きをサポートする作用があると考えられています。50種類ほどあるウコンのうち、日本で栽培・利用されているのは主に『春ウコン・秋ウコン・紫ウコン』の3種類です。

 

<どのような効果がある?>

国立健康・栄養研究所のHPの情報によると、動物実験において【肝障害抑制、胆のう運動促進作用、健胃効果、抗炎症作用】の効果があると言われています。

 

クルクミンが肝炎を引き起こす機序とは?

ウコンが肝機能を悪化させる機序については、毎日新聞のインタビューに回答されていた名古屋大大学院医学系研究科の石川教授によると、

 

◆ウコンによる免疫強化によるもの

◆ウコンに含まれる鉄分の代謝不全によるもの

 

とされています。

 

上記のケースは多くの場合肝障害のある人に起こりやすいため、肝炎や肝硬変、胆のう炎など既に肝臓周辺に病気を抱えている人は、基本的にウコン製品の摂取を控えるべきであるとされています。

 

また『慢性のC型肝炎、非アルコール性脂肪性肝炎』患者の方は、鉄分代謝に問題があるため、過剰に蓄積しやすい傾向にあるようです。

 

それ以外の場合、食物中に通常含まれる量であれば、おそらく安全、しかし基準を超える摂取については、信頼できるデータが十分ではないと国立健康・栄養研究所によって述べられています。

 

◆クルクミン自体は安全

⇒クルクミン自体は鉄分をほぼ含んでいないので、ドリンク剤を5~6本/日も飲むような習慣でもない限り、健康被害の恐れは少ないとされている。

 

摂取量の許容範囲は? 

クルクミンの許容摂取量は、国際的に体重3mg/kg以下と設定されています(体重50kgで150mg)。注意すべきは、上記のように市販のドリンク剤に含有されるクルクミン量です。

 

日本薬剤師会環境衛生委員会によって調査されたところ、全国で市販されるウコン製品52品中、最大含有量31.64mg/g当たりと大量に含むものまで検出されたようです。また、表示含有量よりも5.3倍も上回っているものも検出され、『健康に良いからといって妄信するのは禁物』と専門家によって指摘されています。

 

過去の健康被害の例とは?

過去の被害例としては厚生労働省による全国調査で、ウコン摂取による36名の肝障害が報告されています。また中には少数ではありますが、死亡例も報告されています。

 

<健康被害例>

◆38歳男性が飲酒による肝機能の低下を防ぐため、薬局でウコン加工食品とシジミエキスを購入後毎日摂取。2カ月後、みぞおちや背中の痛みを感じて受診したところ『劇症肝炎』と診断され、入院を余儀なくされた。アレルギーテストではウコンにのみ陽性反応が示された。(医療専門誌・臨床消化器内科09年3月号)

 

上記のように、純粋なクルクミン抽出物であれば鉄分は含有されておらず、肝障害などの持病がない限りは常用量の摂取では問題は起こりにくいとされています。

 

しかしウコン商品には、クルクミン量は記載されていても、鉄分量は記載されていないことが多く、この点に関して心配であればメーカーに含有量を問い合わせてみることも必要です。 

(photoby://pixabay.com/

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

成分別に関する記事

カフェインを摂りすぎて死亡!知らないと気付かない!カフェイン急性中毒ってどんな症状が出る?

疲れていてももう少し頑張りたいときに、エナジードリンクを飲むことはありますか...

ミネラル吸収作用のある食物繊維『難消化性デキストリン』とは?

必須ミネラルを排出してしまう欠点を克服した、食物繊維『難消化性デキストリン』 ...


α-リポ酸摂取で低血糖症に?原因のない震え・動悸には検査を!

高い抗酸化力のある『α-リポ酸』、特定の白血球型を持っている人は低血糖症に要...

歯周病の進行を抑える『コエンザイムQ10』『ラクトフェリン』

  歯周病に効果的な健康食品 『コエンザイムQ10』と『ラクトフェリン』   ...

カラダノートひろば

成分別の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る