カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. お金・各種制度 >
  4. 臍帯血バンク >
  5. いま病気で苦しむ人たちのために。臍帯血バンクに登録しよう!

妊娠・出産

いま病気で苦しむ人たちのために。臍帯血バンクに登録しよう!

知っていますか?「臍帯血(さいたいけつ)」のこと

「臍帯血」とは、赤ちゃんとお母さんとをつないでいるへその緒の中を流れている血液のこと。日本ではその多くが出産の後に胎盤とともに廃棄されます。しかし、この臍帯血によって血液の難病で苦しむ人々を救うことができるのです。

 

◆ 臍帯血による 病気の治療 ◆

臍帯血には、正常な血液を作ることのできる「造血幹細胞」が含まれています。

 この造血幹細胞を白血病や悪性リンパ腫の患者の骨髄に移植すること(臍帯血移植)で、病気の根本的治療を行うことができます。

 

臍帯血移植のメリットはいくつもありますが、なにより骨髄移植に比べ、ドナー(提供者である母子)に負担がかかりません。また、ドナー検索に時間がかからず、条件が合えばすぐに移植ができます。

 

◆ 臍帯血の採取と登録 ◆

出産の際に臍帯血を公的臍帯血バンクに提供することで、臍帯血を病気の治療に役立てることができます。この際、提供者側の費用負担は一切ありません。

 

臍帯血採取では、母子への痛みや感染等の影響はまったくありません。出産直後、後産の前にへその緒に残った血液を流し出すだけです。

 

必要量を採取された臍帯血は公的臍帯血バンクに送られ、検査・細胞処理(不要な細胞を取り除く処理)をされた後、液体窒素で冷凍保存されます。母子の健康状態に問題がないことを確認した上で、移植用の臍帯血として登録されます。

 

十分な量の臍帯血を採取できなかった場合は、移植用ではなく研究用として使われることになります。

 

臍帯血の採取と登録は、これから出産するお母さんたちの善意により成しえるものです。

チャンスのある方は、ぜひ臍帯血の提供について考えてみてください。

 

ただし、国内のすべての産科で臍帯血採取を行っているわけではありません。

提供の意思がある場合は、公的臍帯血バンクと提携している病院にご相談ください。

(Photo by:pixabay )

著者: 桜井さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

臍帯血バンクに関する記事

臍帯血には可能性がいっぱい!公的臍帯血バンクについて知ろう

臍帯血バンクについて、見聞きしたことがあるという人も多いでしょう。骨髄バンクが...

公的臍帯血バンクに臍帯血を提供したい!どういう流れで臍帯血を提供できるの?

  さい帯血は、赤ちゃんとお母さんをつなぐへその緒に含まれている血で、造血幹細胞...

お金・各種制度の体験談

どこにしよう?妊娠中に学資保険選び

自分の保険のこともいまいちよくわかっていない私なのですが、子供のためにできることの一つとして学資保険...

家計の見直し!赤ちゃんが生まれてからの生活費のために

今夫婦2人で生活費がギリギリです(笑) 毎月積み立てはしてるので少しの貯金は出来ていますが、赤ちゃ...

カラダノートひろば

臍帯血バンクの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る