カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 洗濯のときも歯磨のときもどんなときも!ちょっとした時間でも有効に使ってエクササイズ!ながらダイエット法

美容・ダイエット

洗濯のときも歯磨のときもどんなときも!ちょっとした時間でも有効に使ってエクササイズ!ながらダイエット法

服を厚く着る季節は、なかなか自分の体型に敏感になりにくいものです。

しかし、だんだんと暖かくなっていくにしたがって、着ている服の枚数が減っていくと次第にボディラインが際立つようになっていきます。

 

特に女性では足のラインが気になる人が多いように思います。

 

ちょっとした時間でも有効に使って足痩せ!

特別に運動をして足痩せをすることももちろん足のシェイプには有効ですが、それが苦手な人も、どんな時間も全て有効に足痩せに使いたいという人も、日常生活の活動をしながら足を鍛えられるとよりよいですよね。

 

ここでは、はさむだけで足、特に太もものシェイプアップにつながるながらダイエットをご紹介します。

 

座って勉強しながら太もも痩せ

勉強をしているとき以外にも、本を読んでいるとき、テレビを見ているときなど、椅子に座っているときに足はほとんど使っていません。

このときに本が1冊あると太もも痩せができます。

 

*本を膝から太ももではさむだけ!

椅子に座っているときにできますが、正しく座ってないと腰に負担がかかりますので、できるだけ姿勢は正しくしましょう。

 

また本をはさむだけとありますが、どんな本でもよいということではなく、辞書などのできるだけ重い本が有効です。

 

ただ、雑誌のような軽い本でも、長時間はさんでいれば太ももの内側がだんだんと痛くなってきます。

 

立って料理をしながら太もも痩せ!

料理をしているときや洗い物をしているときなどは、長時間立ちっぱなしです。

そういったときも上と同じような方法で足痩せができます。

 

*足を少し開いて太ももの間に玉ねぎを挟んでみましょう!

食材をこうしたことに使うのに抵抗がある人もいるとは思いますが、そういった場合はまた別のもの(テニスボールなど)を探してください。

 

料理をしている間、太ももの内側にこうしたものを挟んで落とさないようにしていると内ももに力を入れ続けなければなりませんので、かなり筋肉が鍛えられます。

 

本も玉ねぎもちょっと動いた拍子や油断をした拍子にとすぐに落ちてしまいます。

そういった特性があるものなら挟むものは何でも構いません。

 

テレビを見る時間を「ながら」ダイエットタイムに変えて痩せよう!おすすめ"ながら"ダイエット

自分の生活を見直してみると、意外と余分な時間が存在することに気が付きます。

例えば、本を読んでいる時、テレビを見ている時など身体を全く動かすことなく意識を別の物に集中させていることがよくあるのではないでしょうか。

そういった時間を有効活用することで、効果的なダイエットを行うことができるんです。

 

テレビを見ながら無心で動く

テレビに集中している時に、難しい動きは中々できないと思います。また、とても辛いトレーニングなども中々難しいのではないでしょうか。

「ながらダイエット」の秘訣は、他のことに集中していても、問題なく行える運動を繰り返すことです。

 

足を組むついでにダイエット

椅子やソファに座ってテレビを見るといった方も多いと思います。

そういったスタイルの方は、足を組みながらダイエットを実践してみましょう。

まず、椅子やソファに浅く腰掛け、片方の足を軸足として固定させます。

そして軸足の足首ともう一方の足の足首をクロスさせます。その状態で軸足を前に蹴りだすイメージで押し、もう一方の足でそれを抑えます。その状態を8秒キープし、足を変えながら疲れるまで交互に行います。

非常に簡単で、負担も少ない「ながら運動」ですが、太ももの筋肉にしっかりと刺激を与えてくれます。

 

椅子に座る場合は何かを挟む

椅子やソファに座ってテレビを見る方は、もう一つ太ももに効果的な「ながら運動」があります。

やはり、椅子に浅く腰掛け膝から太ももの間にクッションや枕を挟みます。挟んだ状態で、両側からクッションをぐっと押し、そのまま足をゆっくりと上下させます。足の上げる高さによっては、腹筋にも効果が期待できる方法です。

 

ぼんやりテレビを見るのではなく、何かしながらテレビをみることで普段動かさない筋肉に刺激を与えシェイプアップを行うことができます。今日から是非実践してみてはいかがでしょうか。

 

毎日の家事をしながらダイエット!食器を洗いながら、洗濯物を干しながら、コロコロしながら…

主婦の大事な仕事は毎日の家事ですよね。ですからその家事をしながらダイエットができれば、とても効率的です。家事は特にこれといって難しいことはないですし、ながらダイエットには最適です。

 

毎日の家事にダイエットを習慣づけて身体を引き締めていきましょう。

 

コロコロしながらダイエット

カーペットやラグなどにコロコロをかけるときでもダイエットを意識してみましょう。

1 床に両膝をつけずにかがむ姿勢で頃頃をかけます。

2 膝から下を動かす感じで移動します。

 

アヒルをイメージしてみるとやりやすいでしょう。太ももやお尻の筋肉に特に効きますので、そこの筋肉を意識しながら掃除をするとさらに効果的です。

 

洗濯物を干しながらダイエット

子どもがいると特に毎日しなくてはならない洗濯物も、ダイエットに変えてみましょう。

1 洗濯物が入っているかごは床に置きます。

2 背筋は伸ばし、お腹をへこませるよう意識しましょう。

3 脚を半歩前に出し、背筋はそのままで膝を曲げて腰を落としましょう。

4 1枚ずつ取り出すようにして、10枚を目安に脚を変えましょう。

 

これによって脚だけでなく、全身を使ったダイエットができますので、全身的なシェイプにつながります。

 

食器を洗いながらダイエット

これもまた毎日、そして、一日に何回もある食器洗いは、ダイエットを取り入れるのにふさわしい家事です。

1 背筋を伸ばし、腹筋に力を入れます。

2 かかとをあげて、爪先立ちになりましょう。

 

足を閉じて、太ももをくっつけるようにすればより効果的ですが、脚を肩幅に開けば、安定感があります。上からヒモで引っ張られているような感覚ですると姿勢がきれいになります。

 

これらのながら運動は継続することが大切です。まずは日々の家事に併せて習慣づけることからはじめてみましょう。

 

歯磨きしながら大きく足を動かしてシェイプアップ!

日本人には特にと言いますが、下半身にお肉がついている人が多いです。特に太もものお肉が気になる人はとても多いのではないでしょうか。

スカートなどをはけば、こうした肉はある程度隠せますが、それでも季節によっては薄着になって隠し切れない部分も出てきます。

 

普段動かさない場所を動かす!

人はただ生活しているだけではあまり動かさない筋肉や骨格があります。

普段の歩くという動作では、体がエコモードであまり筋肉を使わないラクな歩き方をしています。そのためエネルギーの消費が少なく、普段の動作だけでは痩せにくいのです。

ですから、普段使わない場所を意識的に動かしてあげることで、消費カロリーを上げることができ、足痩せにつながります。

 

歯磨きをしながら足上げ!

普段の特に意識をしていない生活の中ではなかなか、足をつけ根から大きく動かすことはないと思います。

そのため歯磨きなどをしている時に足を大きく動かしてあげて、腰回りから足全体の筋肉を刺激してあげましょう。

 

足のシェイプアップ☆後ろに足上げ!

1.姿勢よく立つ

2.片足に体重を乗せ、もう一方の足を膝を伸ばしたままゆっくり後ろに引き上げる

3.このとき引き上げすぎて姿勢が悪くならないように注意してください

4.そのまま数秒キープ。反対の足も同じように足上げをしましょう。

 

足のシェイプアップ☆横に足上げ!

1.姿勢よく立つ

2.片足に体重を乗せ、もう一方の足の膝を伸ばしたままゆっくり体の側面に引き上げる

3.このときも姿勢が悪くならないように注意してください

4.そのまま数秒キープ。反対の足も同じように足上げをしましょう。

 

足以外に効果を期待するものとして、足を後ろ方向に一定まで引き上げた後に、少し体をよじって引き上げた足を体の内側にねじるように入れるとよいです。

 

骨盤を普段動かしていない人が動かすと、なんだかすっきりした感覚があると思います。

これによって足全体の筋肉を刺激して全体的な足痩せを期待できます。

 

水の浮力で楽々エクササイズ♪お風呂に入りながら足痩せダイエット!

お風呂はリラックスの時間ですが、こうした時間もできるだけダイエットに還元できるとよいですよね。

特に忙しい人はお風呂でしっかりと温まってリラックスしながら、ダイエットをしてみましょう。

 

湯船につかりながら…

最近は湯船に浸からないでシャワーで済ませてしまう人も多いと思いますが、やはりリラックスや冷えの解消のことを考えると湯船にじっくり浸かることが推奨されます。

そんな湯船の中では水の抵抗が良い負荷になって、以下のようなダイエットができますよ。是非試してみてください。

 

湯船につかりながら…エアー自転車こぎ

1.浴槽のふちに両腕を乗せて体を安定させます。

2.ひざをまげ、背筋を伸ばして浴槽の中に座ります。

3.片ひざを胸に近づけたり離したりします。

4.数回行ったらもう一方の足で同様に行います。

水の外で行うのとは違って、水の中では素早く体を動かすことで水の抵抗が大きくなりますので負荷が大きくなり、より大きな効果を期待できます。

 

湯船につかりながら…上体そらし

1.浴槽の中で正座をします。

2.上体を少し後方に傾け、それを後方についた両手で支えます。

3.この時、ついた手の先は後方を向けておいてください。

4.足の甲からすねにかけてゆっくりと伸ばします。

5.そのまま、お尻をゆっくりと上げて腰を反らします。

6.このとき太ももから股関節を意識して伸ばしてください。

 

自転車こぎの方が筋肉をより使いますので消費カロリーは高いですが、上体反らしは柔軟性の衰えやすい股関節や、疲労が蓄積しやすい下半身をじっくり伸ばすことができるので、特に足が疲れているなどといった人に有効です。

 

筋力がなくて水の外ではどうしても腰が痛くなってしまったり続かないという人でも、水の浮力の助けをかりればできるということもありますから、普通のエクササイズが続かない人こそ試してみて下さい。

(Photo by: http://www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ダイエットに関する記事

食べないダイエットで起こる「低血圧」とは?歪んだダイエットの知識による体への悪影響とは?

    女性は、常にダイエット中という方もいると思います。ダイエットの方法も...


締める・緩めるを繰り返すだけ!どこでも出来る骨盤底筋体操☆便秘解消、ダイエットに♪骨盤ダイエットのメカニズム

骨盤底筋を鍛えたいけれど、時間もあまりないしマットも持っていないという方でも...

体が硬いと太りやすい?じゃあ柔らかい体は?衰えた筋肉を鍛え、痩せる体質を作るコツ

痩せる体質を作れたらどんなに楽だろうか、と思う人も多いのではないでしょうか。...

カラダノートひろば

ダイエットの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る