カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 不正出血 >
  4. 着床出血ではおなかは痛くならない!?それって危険な出血かも!

女性のカラダの悩み

着床出血ではおなかは痛くならない!?それって危険な出血かも!

着床出血とは、受精した卵子が子宮に着床する時に子宮壁を傷つけてしまう事で起きる出血です。だいたい50人に1人といわれ、微量がほとんどです。

着床出血時に痛みを感じる人もいますが、医学的根拠はないようです。たまに着床出血時に生理痛に似た腹痛を感じる人もいるようですが、感じない人の方が多いようです。

着床出血は腹痛などの痛みは通常ないので、出血と同時に腹痛を感じた場合は、他の原因かも知れません。

 

着床出血は、生理がはじまった?と思うくらいの出血 

着床出血は、生理が始まったのかな?というくらいのごくわずかな出血が、生理予定日の少し前くらいの時期に数日程度起きる現象です。

妊娠をずっと待っていた方には、待望のうれしい知らせです。

 

着床出血の量には注意しよう 

着床出血は、起きない人も多く、出血したとしてもごくわずかです。

おりものに少しだけ血が混じったかな?というくらいです。

 

子宮からゆっくり降りてくるので、数日続くばあいもありますが、いずれにしてもごく少量です。

もし、妊娠を想定していて同様の時期に多めの出血があった場合には、他の不正出血の原因を考える必要があります。

 

妊娠しているかどうかの判断が重要 

着床出血は、妊娠が成立している場合に起こります。

そのため、着床出血とみられる出血があったら妊娠の診察を受けましょう。

 

妊娠している場合はほかにも徴候があることが多いのですが、着床出血の前後は、受精卵にとって大事な時期でもあります。

安全な妊娠のためにも、着床出血などの妊娠に関わる情報を知っておきましょう。

 

着床出血は生理とはちがう

着床出血は、生理とは違う仕組みでおこる出血です。

そのため、生理痛と同じようには下腹部は痛くならないのが普通です。

 

中には妊娠初期症状として下腹部の痛みがある方もいるようですが、一般的には生理痛のような腹痛は起きません。

出血+腹痛には注意を

着床出血だと思っていたら、子宮外妊娠だった、ということも可能性としてはあります。

また、性感染症による出血だった場合には、痛みがある=かなり進行しているという可能性もあります。

 

少しでも早く治療を開始すれば治る病気が多いので、生理以外での出血と腹痛が重なっている場合には、婦人科で診てもらいましょう。

着床出血と他の不正出血を間違えないで

女性の体からの出血は、いろいろな病気の可能性があります。

少量の出血やおりものの着色が、妊娠による着床出血であればよいのですが、その他の病気だった場合、それを見逃すことで、妊娠できにくくなることがあります。

出血+腹痛には十分な注意が必要です。

 

女性の体はデリケートです。

なかでも妊娠・出産は女性にとってとても大切なもの。

安心して赤ちゃんを産むためにも、妊娠の有無にかかわらず、女性器からの出血には注意を払いましょう。

痛みを伴うような場合には、恥ずかしいなと思っても診察を受けましょう。

 

(※着床出血という言葉は、正式な医学用語ではありません。)

 

「妊娠・出産」で人気の記事はこちら

●着床出血と生理を出血量で見分ける!~妊娠生理と生理の違い~

●不正出血?それとも妊娠(着床出血)?基礎体温をつけて妊娠生理を見抜こう

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: rosyさん

本記事は、2016-09-09掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

不正出血に関する記事

子宮内膜から出血!?不正出血に多い機能性出血とは

  不正出血の原因として最も多い1つがこの機能性出血です。     どん...

この出血って排卵出血?それとも着床出血?○○で簡単に見分けられる!

  女性は月に一度大量の血液を失い、生理以外で見られる出血のことを「不正出血」と...


生理が終わったのにまた出血!?これって病気?考えられる原因にはどんなものが?

生理が終わったのに出血が起これば、おや?と思いますよね。 生理の後に起こっ...

不正出血でも慌てない!「心配のいらない」出血もあります

女性は生理以外でも出血することがあります。出血と言っても、すべて真っ赤な血液...

カラダノートひろば

不正出血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る