カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 生活習慣病 >
  5. 子どもの糖尿病予防:お菓子の食べ過ぎに注意を!

育児・子供の病気

子どもの糖尿病予防:お菓子の食べ過ぎに注意を!

これまで、子どもの糖尿病は1型糖尿病(インスリン依存型)が主とされていましたが、コンビニやファストフード店の普及によって、子どもを取り巻く環境が変化し、成人と同じように2型糖尿病(肥満や生活習慣から起きる糖尿病)が増えています。1型糖尿病は予防は難しいのですが、2型糖尿病は、生活習慣の改善で予防できます。

 

 

「食べたいときに食べられる」はダメ

最近の子どもたちは、食べたいときにいつでも食べられる環境にあります。子どもは大人以上に我慢できないのは当たり前。手近にあれば、お菓子や清涼飲料水をすぐに口にしてしまいます。

 

こうした食生活は、なによりも糖尿病の発症を引き起こしやすいのです。こうした食生活の乱れは、家族や周囲の大人が注意してあげる責任があります。

 

子どもを糖尿病にしないために

現代の医療では、糖尿病になると、一生完治することはありません。大切なこどもたちを糖尿病にしないためにも、食生活において、つぎのようなことを守ることが大切です。

 

1.1日3回の規則正しい食事:朝食をしっかりとり、代謝を落とさないようにしましょう

 

2.栄養バランスに気をつける:外食やインスタント、買って来たお弁当などを控えましょう

 

3.緑黄色野菜をたっぷり:ビタミンやカロテンなどを採ることが大切

 

4.食物繊維:カロリーコントロールにもつながりますが、満腹感を感じる食事の献立も重要

 

5.油っこいものを控える:成長のためにはカロリーが重要ですが、油物に偏らないようにすることも大切です

 

6.味を薄めに:濃い味はご飯などの炭水化物を多く摂りがちになります

 

7.よく噛む習慣を:良く噛むと満腹感が早めに得られます

 

8.一人分に分ける:大皿料理は一人分がわかりにくく、食べ過ぎの原因になります

 

9.「ながら食い」させない:テレビを見ながらなど、何かをしながら食べると食べた量がわかりにくくなります

 

10.清涼飲料水やスナック菓子は食べる量を気にする:子どもがどのくらいお菓子を食べているかを知っておきましょう

 

糖尿病は、さまざまな病気につながります。また、一生インスリン注射や食事制限などで生活に制約が出てきます。こうしたことが、子どもたちの将来にも影響しかねません。

 

小さいうちからの食生活や習慣が、一生を左右します。保護者が伝えられるうちに、きちんとした食生活を子どもたちに習慣づけましょう。 

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: rosyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生活習慣病に関する記事

子どもの生活習慣病を防ぐポイント

    子どもの生活習慣病を防ぐには、危険因子をなくしていくことが大切で...

子どもの糖尿病の発見は検尿から

    子どもの糖尿病は気づきにくいものです。定期健康診断の尿検査は、子どもの...

病気と症状の体験談

あかちゃんの皮膚トラブル対処法!

生後0~1か月の頃は脂漏性湿疹で皮膚ケアをがんばる日々でしたが、やっと完治。しかし、今度は生後二ヶ月...

脂漏性湿疹や汗疹、湿疹。あかちゃんの皮膚トラブル

あかちゃんのお肌はとても繊細。新生児期は脂漏性湿疹に悩まされましたが、3ヶ月ごろは首や足の付け根の深...

カラダノートひろば

生活習慣病の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る