カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. 血行不良が原因の目の下のくまにオススメの4つの対処法!

美容・ダイエット

血行不良が原因の目の下のくまにオススメの4つの対処法!

 

とりあえず今ある目の下のくまを隠してしまう対処法として、ファンデーションだけでなくコンシーラーを使っている人も多いと思います。

しかし、コンシーラーはカバー力が高い一方で、よれやすかったり、時間が経つと落ちてしまったりといった問題点もあります。

 

問題解決のための注意点!

よれや時間が経って落ちてしまう問題を解決するためには以下の点を注意できるとよいです。

 

1.コンシーラーをすぐに塗らない!

化粧をするときに化粧水や乳液、下地などをつけて準備をすると思います。このとき、乳液や下地の後にすぐコンシーラーを塗らない方がよいでしょう。というのも乳液や下地は塗ってから少し時間をおかないと肌に馴染みません。

ですので、少し時間をおいて乳液や下地を馴染ませてからコンシーラーを塗ると馴染みやすいのです。

 

2.コンシーラーで終わりにしない!

コンシーラーは塗っているそのときはカバー力が高いので、これでいいかと思ってしまうかもしれませんが、目元は生活している中でたくさん動く場所なので、どんどん落ちていってしまいます。

ですから、コンシーラーを塗った後はパウダーファンデーションなどでおさえてあげてよれをごまかしたり、時間が経っても落ちにくくしましょう。

 

3.化粧直しのときは一度ふき取ってしまおう!

一度よれた目元を修正するのは結構難しいと思います。修正しようとすればするほどよれが目立ったりしてしまいます。

ですので、化粧直しをするときには化粧水などでよいので目の下の化粧をふきとって、保湿をしっかりとしてから再びコンシーラーを塗る方がよいでしょう。

 

そもそも問題がある目元に化粧をすることは、やり方を間違えれば目元の皮膚をいじめることにもなりかねません。ですので正しい方法でケアしながらカバーできるようにしましょう。

 

簡単にできる!目の下のくまの対処法!日焼けは目の下のくまの大敵

目の下のくまは、どうしても相手に疲れている印象を与えてしまいますよね。

女性の3人に1人は目の下のくまに悩まされている他、男性も案外気にしている方が多いそうです。

そんな目の下のくまの簡単なタイプ別対処法をご紹介します。目の下のくまに悩まされている方は是非参考になさってくださいね。

 

◆薄皮

コラーゲンを含んでいるクリームを使用します。また、レチノールはコラーゲンの生産を増加される物質になります。加えてビタミンCもコラーゲンを生産してくれるので、皮膚を明るくしてくれますから、目の下のくまにも効果的と言えます。

 

◆血管

血液が目の下で増加してしまうのを防ぐためにも、睡眠は十分に取るようにしましょう。

朝には血管を収縮させるために、約5分間冷却湿布を貼ると効果的で、カフェイン入りのアイクリームを塗るとさらなる効果が得られます。

 

他の対処法としては、抗炎症性の特性を持つとされているアルニカチンキが含まれるクリームも、くまを縮小します。

また、緑茶やグレープシード油を含んでいるアイクリームは、血管の壁を強くしてくれますからくまを和らげる効果が期待できるでしょう。

 

◆全タイプに共通

日焼け対策は必ずするようにしましょう。というのも、以上で紹介したような対処法をいくら行ったとしても、日焼け対策をしていなければ効果が得られないからです。それだけ、日焼けは目の下のくまの大敵です。

  

また、今すぐにくまを消したいという時には、アイクリームを塗って数分放置した後に皮膚の色と同じコンシーラーを薄く塗りましょう。そして軽いパウダーを上からはたくと完成です。

こうすることで、厚塗りすること無くくまを簡単に目立たなくすることが出来ますのでお試しになってみてはいかがでしょうか。

 

血行不良が原因の青くまにオススメの4つの対処法!

夜通し仕事をしていたり、長時間目を酷使する作業をしていた結果、気が付くと目の下に青いくまができているということがあります。

これは一般的に青くまと言われるくまですが、この青くまは、適切な対処をすることによって比較的簡単に解消することができます。

 

青くまは酸素不足の血液!

青くまの原因は目の下の毛細血管に酸素不足の血液が流れていることによって生じます。そのためその酸素不足を解消してあげることが必要です。

青くまの原因を解消する4つのポイントを以下に記載したので、試してみてはいかがですか?

 

1.目のまわりをマッサージして血行促進!

目のまわりの血行を促進するために、アイマッサージをするという方法があります。指の腹で軽く目のまわりをマッサージしてあげましょう。

このとき、目に直接指をつけてマッサージを行うのはNGで、必ずアイクリームなどをたっぷり塗って、指の滑りをよくして行いましょう。

滑りが良くないと目のまわりをこすっていることになり、その摩擦で皮膚が傷ついてしまい、また別のくまの原因になりかねません。

 

2.ホットパックで血行促進!

ホットパックをカッコ良く言いましたが、電子レンジでチンした温かいタオルを目元に乗せてあげるだけで十分です。

目のまわりを温めることで血管が拡張し、血流が良くなって酸素不足が解消されやすくなります。

 

3.血行促進のビタミンEを摂取しよう!

血行促進には日ごろからビタミンEをとってあげることもよいでしょう。食べ物からでもよいですし、サプリメントから手軽に摂取してもよいでしょう。

 

4.目を休めることが大切です

目を酷使しすぎて青くまが生じているのなら定期的に目を休めて、目に疲労をためないことも重要です。

目は開いている限りたくさんの仕事をしてしまっていますから、目をつぶるだけでも十分目を休めることになります。

 

青くまがひどいならこうした方法をいくつか併せて行えれば、対処法としてはより大きな効果を得られるでしょう。

 

睡眠不足でくまが…でも目の周りにだけなのはどうして?その原因とは?

夜遅くまで仕事を頑張ったり、徹夜で勉強をしたり、あるいはついつい夜遊びをして睡眠不足が続くと、目の下に「くま」ができていることが多いかと思います。

最近では、「目のくまの解消に良いマッサージはないのか」、「目のくまに効果的なサプリメントは何か」、「目のくまを簡単に消してくれるメイク方法はないのか」と悩んでいる方も多いことでしょう。

 

また、女性の3人に1人がこのような「目のくま」に悩んでいるとも言われています。

それだけでなく、男性も「目のくま」に悩んでいる方が多いそうです。

多くの方達を困らせている「目のくま」の原因とは何なのでしょうか?

 

なぜ目の周りにだけ「くま」ができるのか

まず、目のくまの原因としては、睡眠不足や疲労そしてストレス、体調不良による血行不良ですが、それだけでなく眼精疲労やドライアイも目のくまには良くないということが分かっています。

でも、どうして目の周りにだけ「目のくま」ができるのでしょうか。

 

というのも、目の周りやまぶたの皮膚が、他の皮膚に比べてとても薄く、皮膚の下の血管の色が見えているからと言えます。

特に目の下の皮膚は約0.6ミリととても薄く、卵の薄皮程度しかありません。

そのため、目の下の部分は皮膚の下に張り巡らされている毛細血管が透けて見えるんですね。

 

靭帯の中でも特に目の下の皮膚は大変薄いので、疲労や睡眠不足そしてストレスによるうっ血などで血液が黒ずんでいたり、メラニン色素が沈着しているような状態では、その部分が黒ずんで見えますから、その部分が「目のくま」となるんですね。

 

このように「目のくま」は、睡眠不足や疲労などといった体の調子だけではなく、目の下の皮膚が他のものに比べて薄いという皮膚本来の性質にも原因があったのですね。

皮膚の厚さはどうすることも出来ませんから、睡眠不足や疲労を避けた生活を心がけ、目の下のくまを予防していきましょう。

 

目の下のくまは眼輪筋トレーニングで対処しよう!

目の下のくまだけでなく、まぶたのたるみは眼輪筋の衰えによって引き起こされます。目の健康を守るだけでなく、アンチエイジングの効果もある眼輪筋トレーニングをこちらでご紹介します。

 

◆眼輪筋ってどんな筋肉なの?

眼輪筋とは、簡単に説明すると目の周りを取り囲んでいるドーナッツ状の筋肉になります。まぶたの開け閉めを行う他にも重要な役割を果たしています。

 

・涙の流れを作る

涙は目の外側にある涙腺から生み出されて、目頭にある涙点から取り込まれています。その際に眼輪筋などのポンプ作用により、涙嚢(るいのう)という袋に涙が集められます。

つまり、眼輪筋が衰えてしまうとこのポンプ作用がしっかりと働かなくなりますから、正常な涙の流れができなくなってしまいます。

 

・目の潤いを守る

眼輪筋が衰えてしまうと、まばたきをしたときに上下のまぶたが上手くくっつかなくなります。そうなってしまうと、しっかり閉じないことから目が乾きやすくなり、ドライアイが起こりやすくなります。

 

◆眼輪筋トレーニングに挑戦!

眼輪筋の衰えは、上記のような目の働きだけでなく見た目にも影響を与えます。

下まぶたにたるみやくぼみができてしまうと、目の下のくまや老け顔の原因にもなります。また、上まぶたが下がってくることで、目が小さく見えてしまいます。

それらを防ぐ眼輪筋の筋力アップは、目の下のくまの予防といった見た目年齢を若くしてくれる効果もあります。

 

・上まぶたトレーニング

指先でまぶたの真ん中を引き上げ、眉下で押さえるという状態で10秒間ほど目を閉じて下さい

 

・下まぶたのトレーニング

薄目を開けた状態で10秒間。下まぶたが目を開けた状態に比べ2~3mm上がっていることを鏡で確認しましょう。

 

・上下まぶた負荷トレーニング

指先で目尻の少し上の部分を斜め上に引き上げて押さえた状態で10秒間ほど目を閉じて下さい。

 

このように眼輪筋トレーニングは大変手軽なものですから、覚えてしまえば場所や時間を気にせず行うことが出来ます。眼輪筋トレーニングで目の下のくまともさよならしましょうね!

 

(Photo by: [http://www.ashinari.com/2014/01/31-385355.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

美肌・スキンケアに関する記事

乾燥肌対策に食べたい!肌を作るセラミドを含む食材!保湿効果があるビタミンとは?旬なものを食べるといい!?

  セラミドは肌の乾燥と深く関係している成分です。というのもセラミドは肌の水分...

青アザが消えない!これってもうシミになってる?シミにさせないための対処法~日焼けで出来たシミの撃退法を紹介!~

年齢を重ねると共に、特に女性は体にできたシミが気になってくると思います。...


角栓を除去するのに「皮膚科」がオススメなわけ!角栓の原因って?拡大鏡で角栓がたまっている場所をチェックしよう!

角栓を取り除くには、自分でできる方法もありますが、誤ったやり方で肌を痛めたり...

にきびを癖で潰してしまう!ニキビのある人がやってはいけないこと...皮膚科で行うニキビ治療とは

ニキビのケアで「潰す」ということはご法度!そう思っている人は非常に多いはず...

カラダノートひろば

美肌・スキンケアの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る