カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 美肌・スキンケア >
  4. くま >
  5. 予防 >
  6. 紫外線・乾燥・化粧品から目元を守ってたるみ・くま予防しよう!

美容・ダイエット

紫外線・乾燥・化粧品から目元を守ってたるみ・くま予防しよう!

 

目のまわりは皮膚がごく薄い上、よく動く場所であるため、積極的に守ってあげなければゆくゆくは老いの象徴のような症状が出てくるようになります。

中でも目の下のたるみは、たるんで高齢の印象を与える以上に、それによってできるくまは年齢関係なく疲れたような印象を与えてしまいます。

 

 

たるみを予防しなければくまはよぼうできない!

たるみによって生じるくまを黒くまと呼びます。

これはたるみによってつくられる影の部分が黒く、くまとして認識されるためです。

上記の通り、目のまわりは積極的に守ってあげないと、負担が蓄積して、将来たるみを発生させることになるかもしれません。

 

紫外線から守る

…紫外線は皮膚を傷つけるとともにコラーゲンを減少させます。コラーゲンはふっくらとハリのある肌には欠かせない要素ですよね。

また紫外線は活性酸素を多く発生させるため、急速に老化が進みます。

日頃から紫外線対策を意識している方もいるとは思いますが、特に皮膚の薄い目のまわりは紫外線と言う刺激から積極的に守ってあげなければいけません。

 

乾燥から守る

…目のまわりには皮脂腺があまりありません。そのため乾燥しやすく、また乾燥してしまうと肌の中の水分が少なくなり、肌を構成している細胞それぞれに影響が出ます。これによってハリが失われ、たるみができやすくなります。

できれば目元ケアには特別なアイクリームなど保湿力の高い化粧品を使ってあげるとよいでしょう。

 

化粧品から守る

…化粧品は本来は肌にはないものですから、刺激物と考えましょう。化粧を落とさないで寝てしまう人もいるかもしれませんが、一度化粧をしたまま寝ると、肌が数日分衰え、それを取り戻せないとも言います。

化粧は完璧に、そして最大限丁寧に化粧を落とすように心がけましょう。

 

目元は思っている以上にデリケートなのに働き者です。ですから日頃から労わってあげましょう。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/08/28-007160.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

予防に関する記事

目の血行不良を解消するアイケア 自分でできる目のケア方法

  睡眠時間は十分なはずなのに目の下の青くまがとれないという場合、それは目の疲...

目元のたるみ・くま予防に効く♪マッサージ&エクササイズ!

  目はそれ自体がその人の印象を左右するものです。ですからその目のまわりに起こ...


目の疲れはくまの元!ブルーライトカットで目の疲れを予防しましょう

  目を酷使するパソコン作業が多い人は、目をはじめとして目のまわりの筋肉が非常...

食事でくまを予防できる?!日頃の生活の中でくまを予防するためには?

目の下のくまは暗いイメージを持たせます。日頃から疲れや体の不調が目の下のくまと...

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

予防の記事ランキング

人気体験談ランキング

美容・ダイエットのひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る