カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 腸内環境の乱れ >
  5. 気になる腸内環境!いいお通じを左右する主な腸内細菌5つ

気になる病気・症状

気になる腸内環境!いいお通じを左右する主な腸内細菌5つ

 

腸内環境を調べる検査では、腸内に住む細菌のバランスをチェックできます。腸内細菌は健康状態に直結するため、そのバランスを知ることは非常に有意義です。検査によって調べられる主な腸内細菌5つを挙げます。

 

善玉菌

ビフィズス菌

ビフィズス菌は代表的な善玉菌で、大人の大腸にいる善玉菌の99.9%を占めています。強い殺菌力を持つ酢酸を産生し、それによって悪玉菌の増殖と活動を抑えます。腸内環境の良し悪しは、ビフィズス菌の状態に大きく左右されるといっても過言ではありません。アレルギー発症にも、腸内のビフィズス菌が関わっています。

生後間もない赤ちゃんの腸内は95%以上がビフィズス菌です。年とともにビフィズス菌量は減少し、中年以降はかなり少なくなってしまいます。腸内の若さを決めるのもビフィズス菌といっていいでしょう。

 

乳酸菌

量はビフィズス菌の1000分の1ですが、腸内環境を整えるうえで欠かせないのが乳酸菌です。高血圧を予防し、血中コレステロールを下げるはたらきをします。体の免疫力を高めて細菌・ウィルスからの感染を防ぐ、お通じを良くする、整腸作用によって大腸ガンのリスクを下げるともいわれます。 

 

日和見菌

バクテロイド

バクテロイデス属の細菌は、健康な時なら悪さをしません。しかし体が弱って抵抗力が弱ると、悪玉菌の性質を持ちます。日和見感染症の原因菌の1つです。肉食、高脂肪食の欧米型食生活を好む細菌です。

 

プレボテラ

プレボテラ属と呼ばれる細菌群も、善玉・悪玉のどちらにもなります。高炭水化物の食生活だと、プレボテラが増殖するという研究結果があります。 

 

悪玉菌

クロストリジウム

土の中や動物の大腸内など酸素があまり存在しない場所でしか生きられません。酸素がある環境では芽胞を産生して休眠し、その状態のまま生育に適した環境になると再び活動を始めます。代表的なクロストリジウム属は、破傷風菌、ボツリヌス菌、ウェルシュ菌です。増殖すると免疫力が低下し、病気になりやすいといわれます。 

 

これら5つのどれにも含まれない細菌もいます。腸内の細菌バランスが気になったら、調べてみてはいかがでしょうか。 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/01/31-375833.php) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腸内環境の乱れに関する記事

免疫細胞の約7割が小腸に!腸は体の免疫の要!腸管免疫のメカニズムについて

    腸は体の免疫の要とも呼ばれる臓器で、その理由は免疫細胞の約7割が...

気になる体の不調~続くなら腸内環境の検査を!

腸内細菌のうち悪玉菌が優勢になると、心身にさまざまな影響が及びます。不調が続く...


優勢なのは善玉菌?悪玉菌?腸内細菌の変化で表れる体の症状

 腸内細菌のバランスが健康状態に影響するといわれます。善玉菌が優勢な場合と悪玉...

人間の免疫の8割を占める腸管免疫とは?腸内環境と免疫の関係

  腸内環境は腸だけの問題だから特に全身に影響が出ることはないだろう、と思って...

カラダノートひろば

腸内環境の乱れの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る