カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 男性のカラダの悩み >
  3. 過敏性腸症候群(IBS) >
  4. 症状 >
  5. 腸内細菌の変化で表れる症状~過敏性腸症候群とは?

>>腹痛の検索結果に戻る

男性のカラダの悩み

腸内細菌の変化で表れる症状~過敏性腸症候群とは?

どこにも異常がないのに、強い腹痛や下痢・便秘など排便のトラブルに悩まされるのが過敏性腸症候群です。まだ原因は明らかになっていませんが、腸内細菌が過敏性腸症候群の大きな要因だといわれます。

腸内細菌の状態がどうなると過敏性腸症候群が起こりやすいのか、関連をまとめました。

 

過敏性腸症候群の基本症状

腹痛や腹部の違和感などが3ヶ月以上続き、1ヶ月に3日以上は排便に関するトラブルがあるなら、次の3つの症状に当てはまるかチェックしてください。

・腹痛や腹部の違和感は、排便をすると軽減する。

・腹痛が起こる時は排便の回数が増えたり、極端に減ったりする。

・腹痛時に排便をすると、軟便など形状の異常がみられる。

 

これら3つのうち、2つ以上に当てはまると過敏性腸症候群の可能性がたかいでしょう。

 

腸内細菌と過敏性腸症候群の関係

「過敏性」とあるように、過敏性腸症候群の人は腸が刺激に対して過敏に反応するため、強い腹痛や頻繁な下痢に悩まされます。腸内細菌のうち悪玉菌が増えると、腸は敏感に反応するようになります。

 

ストレスと腸内細菌

過敏性腸症候群は精神的な影響も大きいといわれます。特にストレスがかかると、脳から腸の運動を活発化させるよう伝わって排便の異常につながります。このストレスは腸内細菌にも作用します。ストレスが強いと腸内の悪玉菌が増殖し、腸内環境が悪化します。ストレスによる腸の運動異常、ストレスによる悪玉菌増加が過敏性腸症候群を招きます。

 

善玉菌を増やす

ストレスを取り除き、善玉菌を増やすのが過敏性腸症候群改善のカギになります。便秘になるタイプと下痢になるタイプがあるので、それぞれの症状に合わせて食生活を整えましょう。

 

腹痛が続き、排便のトラブルもあるなら、腸内細菌のバランスが崩れているかもしれません。 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/01/31-375836.php)

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

過敏性腸症候群と職場ストレスの関係 原因はもしかしてストレス?

        過敏性腸症候群(IBS)を増悪させる因子として、心理的ストレス...

知っておこう!過敏性腸症候群と鑑別が必要な病態

          昨今のストレス社会の影響なのか、過敏性腸症候群(IBS)が...


過敏性腸症候群の便以外の症状…便秘や下痢、おなら!?

過敏性腸症候群は、IBSともいいますが、これはIrritable Bowel...

腹痛や腹部不快が繰り返し起こる過敏性腸症候群の診断基準って?

     既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、過敏性腸症候群(IBS...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る