カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 腸内環境の乱れ >
  5. 優勢なのは善玉菌?悪玉菌?腸内細菌の変化で表れる体の症状

気になる病気・症状

優勢なのは善玉菌?悪玉菌?腸内細菌の変化で表れる体の症状

 腸内細菌のバランスが健康状態に影響するといわれます。善玉菌が優勢な場合と悪玉菌が優勢の場合では、腸内環境と全身状態にどんな違いがあるのかをまとめました。

 

善玉菌優勢の場合

善玉菌のビフィズス菌・乳酸菌は、酢酸や乳酸を作り出して腸内を酸性に保ちます。酸性の腸内はウイルスや毒素が侵入しにくく、病気になりにくいでしょう。

善玉菌は免疫システムのはたらきを高めるよう体に刺激を与えるので、仮に病原菌が体内に侵入しても大事に至りません。

 

体調不良やケガからの回復が早いなら、善玉菌が優勢で免疫システムが正常に機能しているといえます。これらの酸は腸のぜん動運動を促し、お通じを良くする作用もあります。

ほかにもビタミンB群をはじめとするビタミン類を産生し、体の調子を整えます。善玉菌が優勢なら疲労回復や美容によいビタミン類がしっかり産生され、体調も肌も健やかでしょう。

 

悪玉菌優勢の場合

悪玉菌は腸内で腐敗をおこし、細菌毒素や発がん性物質を産生します。悪玉菌の増加で腸内環境が悪化すると、体に必要な栄養素を十分に吸収できません。新陳代謝が不活発になって脂肪が体にたまりやすく、肥満につながる可能性があります。

体の免疫力の70%は腸内細菌のはたらきによるといわれています。悪玉菌が優勢になると免疫力も低下し、風邪など病気にかかりやすく、回復に時間がかかるでしょう。

 

さらに便通が滞りがちになり、毒素をスムーズに体外に排出できなくなります。体内にたまった毒素が腸から血液中に溶け込み、全身に運ばれるため、体のあちこちに不調が起こります。

特に肌荒れは、腸内細菌のバランスが崩れた時に目立つ症状です。

 

どちらの症状に思い当たるものが多かったでしょうか。疲れやすく、風邪の治りが遅い、肌が荒れているなら悪玉菌が優勢かもしれません。

 

(Photoby:足成)

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腸内環境の乱れに関する記事

免疫細胞の約7割が小腸に!腸は体の免疫の要!腸管免疫のメカニズムについて

    腸は体の免疫の要とも呼ばれる臓器で、その理由は免疫細胞の約7割が...

人間の免疫の8割を占める腸管免疫とは?腸内環境と免疫の関係

  腸内環境は腸だけの問題だから特に全身に影響が出ることはないだろう、と思って...


気になる体の不調~続くなら腸内環境の検査を!

腸内細菌のうち悪玉菌が優勢になると、心身にさまざまな影響が及びます。不調が続く...

気になる腸内環境!いいお通じを左右する主な腸内細菌5つ

  腸内環境を調べる検査では、腸内に住む細菌のバランスをチェックできます。腸内...

カラダノートひろば

腸内環境の乱れの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る