カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. 頭・脳 >
  5. 部位別にみるスポーツ障害の原因~脳、肩、肘、手…上半身編

気になる病気・症状

部位別にみるスポーツ障害の原因~脳、肩、肘、手…上半身編

スポーツ障害は「使いすぎ症候群」「オーバーユース」とも呼ばれ、スポーツによって特定の部位に繰り返し負担がかかることで発症します。上半身に多く起こるスポーツ障害の原因を部位ごとに挙げます。

 

・パンチドランカー

頭に繰り返し衝撃を受けると起こる症状です。脳が激しく揺り動かされた衝撃(脳震盪)で大脳表面や大脳辺縁系などの神経が損傷することが原因です。体の震え、しびれ、認知障害が主な症状です。ボクサーに最も多く、20%のボクサーに症状が表れます。空手、キックボクシング、ラグビーもパンチドランカーのリスクが高いスポーツです。

 

・野球肩・水泳肩・テニス肩・バレーボール肩・バドミントン肩・投擲肩

上記のスポーツ障害は、野球のピッチャーが腕を大きく振りかぶって投球するような動きが原因で起こる、三角筋炎や腱板炎です。呼び名は違いますが、肩やその周辺の動かし方は共通しています。

 

・脱臼

1回のアクシデントで起こった脱臼はスポーツ障害ではなく、「スポーツ外傷」ですが、スポーツによっては繰り返し脱臼を起こす場合があります。体をぶつけ合うスポーツに多く、ラグビー、アメリカンフットボール、柔道が主です。ゴルフや野球など関節を大きく動かすスポーツも、脱臼の危険があります。脱臼がクセになり、簡単に外れる状態になった関節を「ルーズジョイント」と呼びます。

 

・野球肘・テニス肘・ゴルフ肘・水泳肘・卓球肘・バドミントン肘

肘関節の使い過ぎ、捕球や投球、打撃の衝撃が原因で生じるのが、肘の離断性骨軟骨炎です。特に野球とテニスに目立つ症状です。

 

・ばね指

指の関節が腫れて痛み、まっすぐに伸ばそうとしても指が跳ね上がってしまう「ばね指」は、手指の酷使が原因です。特にゴルフ、テニス、野球などクラブやラケット、バットを握りしめるスポーツで頻発します。ボールを打つ際に加わる強い衝撃も、ばね指を招きます。

 

部位ごとに、さまざまなスポーツ障害があります。どの原因も、そのスポーツ特有の動きを繰り返す点だといえるでしょう。

 

(Photoby:足成)

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

頭・脳に関する記事

脳のスポーツ障害は要注意!危険な脳震盪の症状とは?

対処が遅れると重大な結果を招くのが、脳のスポーツ障害です。脳も膝や肩のようにダ...

MRI、CTにも写らない…軽度外傷性脳損傷の症状と間違われやすい病気って?

脳の損傷は、MRIやCTなどでわかるので、脳損傷による症状も判断しやすいです。...


むち打ち…自動車事故で増加中!後部交感神経症候群「バレ・リユウー症状型」とは?

交通事故やスポーツで起こりやすいむち打ち症ですが、後遺症で悩んでいる人が多く...

外傷性脳損傷では最初のアプローチが重要!受傷後すぐの治療はどのような流れで行われるの?

もしも目の前で事故などを目撃した場合には、応急処置が必要とされるかもしれません...

カラダノートひろば

頭・脳の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る