カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. >
  5. 部位別にみるスポーツ障害の原因!腰・膝・足に起こりやすいスポーツ障害

気になる病気・症状

部位別にみるスポーツ障害の原因!腰・膝・足に起こりやすいスポーツ障害

 下半身に生じるスポーツ障害は多く、さまざまなものがあります。部位別にどんなスポーツ障害が起こるか、考えられる原因とともに挙げます。

 

・椎間板ヘルニア

通常の椎間板ヘルニアは成人に起こる場合がほとんどですが、スポーツ障害としての椎間板ヘルニアは10代でも発症します。腰を大きくひねる動作が多く、椎間板に強い負荷がかかるスポーツは要注意です。テニス、ゴルフ、野球などスウィングをするスポーツに目立ちます。

 

・梨状筋症候群

臀部の奥にある梨状筋という筋肉が坐骨神経を圧迫して痛みを生じるのが、梨状筋症候群です。長時間のランニングが原因になるケースが多く、陸上種目やサッカー、ラグビーなど「走り込み」のトレーニングをするスポーツで起こります。

 

・半月板損傷

膝の皿(半月板)が傷む半月板損傷は、どのスポーツでも起こりうるスポーツ障害です。足を良く使うサッカー、ジャンプの着地時に強い衝撃が膝にかかるバレーボール、バスケットボール、陸上の跳躍競技で発症するケースが多いでしょう。ランニングでも半月板損傷にいたる場合があります。

 

・アキレス腱炎

どんなスポーツでもアキレス腱は酷使され、小規模な断裂と再生を繰り返しています。小さな断裂は頻繁に起こり、炎症を引き起こします。陸上競技をはじめ、あらゆるスポーツで発症する可能性があるスポーツ障害です。

 

・足底筋膜炎

足の裏側にある、足指からかかとまで膜状に貼った足底筋膜が炎症を起こします。長距離のランニング、ジャンプの反復が大きな要因です。扁平足の人は、そうでない人に比べて発症リスクが高いでしょう。スポーツの際に履く靴のクッション性、かかとの形状も影響します。

 

下半身の部位に起こるスポーツ障害は、すべてのスポーツに発症のリスクがあるといえるでしょう。

 

(Photoby:足成)

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腰に関する記事

座ったままでも大丈夫!腰痛の改善は3分エクササイズで

デスクワークをしていて、立ち仕事のあと、腰が痛い。よくあることですよね。でも...

子どもが腰痛の場合に疑われる障害、腰椎分離症!子どもだけでなく高齢者も…

  体がつくられる時期だからこそ、体の発達と心の成長のために何か運動をさせてい...


子どもの腰痛と言ったら、腰椎分離症!どんな症状が起こっている?

  10代の成長期に、腰の痛みを訴える疾患があります。 特に成長期の子どもの...

腰痛症の原因はおしりにあった!?おしりを柔らかくして腰痛症改善!5つのストレッチ

腰痛症の原因が、実はおしりにあった!という考え方があります。おしりの筋肉を柔ら...

カラダノートひろば

腰の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る