カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. >
  5. 肩のスポーツ障害に多い症状って?野球肩・リトルリーグ肩の症状を知ろう

気になる病気・症状

肩のスポーツ障害に多い症状って?野球肩・リトルリーグ肩の症状を知ろう

 肩は、上半身の中でスポーツ障害が起こりやすい部位です。野球肩、水泳肩、テニス肩、バレーボール肩など、原因になるスポーツの名前がついていますが、多くの症状が共通しています。

これらの、肩に起こるスポーツ障害の主な症状をまとめました。

 

肩のスポーツ障害に多い症状

肩周辺の筋や腱を損傷したり、炎症が起こったりするスポーツ障害では、肩を動かす際に痛みを感じるようになります。初めは動かす時のみ生じていた痛みが、安静時にも起こります。痛みを感じやすい動きは、傷めた筋や腱によって差があります。

下ろした腕を側方から上に挙げる動き、肩を前後に回す動きで痛むケースが多いでしょう。肩を滑らかに動かせず、関節部分でゴリッ、カクッなどの異音がすることも。

 

野球肩・リトルリーグ肩の症状

肩を回す際に突っ張るような違和感をもつところから症状が始まるのが一般的です。肩を回すストレッチでゴリッという異音に気づくかもしれません。腕を肩より上に挙げる際に痛みを生じるのも典型的な症状です。やがて、何もしなくても痛むようになります。

 

野球肩でも、成長途中の子どもが発症するものを「リトルリーグ肩」と呼びます。成長過程の骨端軟骨部分は柔らかく、腱に引っ張られて損傷することで起こります。

大人の野球肩は、肩関節が柔軟性を失って起こる場合が多いでしょう。

 

肩峰下滑液胞炎

肩の関節の周囲にある滑液胞(関節をスムーズに動かすための潤滑液が入った袋状の組織)が炎症を起こします。腕を上げる際に痛みが強く、少しずつ症状が悪化していきます。進行した肩峰下滑液胞炎では、就寝中でも痛みが生じ、熟睡を妨げるほどです。

 

肩のスポーツ障害では、腕を上げる際の動作に違和感を生じるところから始まります。悪化すると日常生活に支障が出るほど痛むので、早目に受診してください。

 

(Photoby:足成)

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

肩に関する記事

転倒が原因の骨折に多い!上腕骨近位端骨折のリハビリテーション

転んで肘をついた。肩から転んでしまった。なんだか痛いし、腕が上がらなくなって...

野球肩、具体的にはどんな疾患?特に子どもは注意して!

  スポーツをしているとケガがつきものです。スポーツ障害とも言いますがその中に...

カラダノートひろば

肩の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る