カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. >
  5. 膝の酷使が原因で起こる!?腸脛靭帯炎の原因になりやすい身体的要因とは?

気になる病気・症状

膝の酷使が原因で起こる!?腸脛靭帯炎の原因になりやすい身体的要因とは?

膝や足の付け根に痛みを生じる腸脛靭帯炎は、主に膝の酷使が原因で起こります。しかし腸脛靭帯炎をおこしやすい身体的な特徴もあります。

ここでは、腸脛靭帯炎を発症するリスクが高い身体的構造について述べます。

 

O脚・X脚

そもそも腸脛靭帯炎は膝を曲げ伸ばしする際、骨と腸脛靭帯がこすれあって炎症を起こすのが原因です。膝を酷使するのが最大の原因で、その時に膝にかかる負荷が偏っていると発症リスクがさらに高まります。

 

O脚は、いわゆる「がに股」の状態です。意識しないで自然に立つと、両脚が外側に開いて両膝の間に隙間ができます。

生まれつきO脚気味の人もいますし、加齢とともにO脚になる人もいます。O脚だと膝の外側に負荷が偏り、腸脛靭帯の摩擦が大きくなります。

 

一方、X脚はO脚とは反対に脚が内側に向かって変形しています。自然な立位をとると両膝はつきますが、くるぶしの間が空いて脚が「X」のように見えます。

X脚の人は扁平足の場合が多く、転倒しやすいのが特徴です。膝に負担がかかりやすく、腸脛靭帯炎以外の原因でも膝の痛みを生じるかもしれません。

 

柔軟性不足

太ももの裏側の筋肉やアキレス腱の柔軟性が無いと、腸脛靭帯炎を発症するリスクが高まります。腸脛靭帯炎の原因になる膝の曲げ伸ばし運動は、平らな場所での歩行に限りません。不安定な体勢になったり、激しい動きや衝撃をともなうスポーツもあります。

この時、筋肉やアキレス腱が硬いとバランスを崩したり、衝撃を吸収できなかったり、勢いがついて膝をひねったりする危険がともないます。筋力が弱いのも腸脛靭帯炎の要因ですが、その筋肉の柔軟性もポイントになります。

 

思い当たる要因があれば、膝のコンディションを日ごろから入念にチェックしてください。

 

(Photoby:足成)

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

膝に関する記事

スポーツをしている男子に多い!オスグッド病にはストレッチが有効!?

  成長期にスポーツをしている子どもで、特に男の子に多く見られる膝の痛みに、オ...

スポーツや加齢で起こる半月板損傷!損傷するとどんな症状が起きるの?

  膝関節には半月板というクッションや膝関節の安定を役割とするものがあります。...


半月板は7割りが水分?半月板損傷のメカニズム

半月板の損傷はスポーツに伴うケガの中でも比較的頻繁に起こるものの一つです。こ...

腸脛靭帯炎「ランナーズニー」の症状を知ろう!初期から慢性化まで

 腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)は徐々に症状が悪化し、やがて慢性化するス...

カラダノートひろば

膝の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る