カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. 基礎知識 >
  5. スポーツ後に膝が痛んだら…できるだけ早い検査を!腸脛靭帯炎(ランナーズニー)で行われる検査法

気になる病気・症状

スポーツ後に膝が痛んだら…できるだけ早い検査を!腸脛靭帯炎(ランナーズニー)で行われる検査法

膝に痛みを感じ、腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)の疑いがある場合は、治療に際していくつかの検査が行われます。腸脛靭帯炎の診断するために行う検査を挙げます。

 

グラスピングテスト

腸脛靭帯炎の最も基本的な検査です。

(1)まず、仰向けに寝転び、片足の膝を90度曲げた状態で立てます。

(2)次に膝より数センチ上の外もも側を親指で強く圧迫します。圧迫したままゆっくり足を伸ばしていきます。この時に膝周辺に痛みがあれば、腸脛靭帯炎の可能性が高いでしょう(膝の角度が30度くらいで痛みを感じることが多いようです)。

腸脛靭帯に圧迫ストレスと伸長ストレスをかけ、炎症や痛みの状態を調べるテストです。膝の痛みがある人は、このグラスピングテストで腸脛靭帯炎のセルフチェックができます。

 

スクワッティングテスト

何通りかの歩き方をして、どんな動きをしたときに痛みが出るのかを調べる方法です。歩き方のポイントは、つま先の方向です。

(1)まず、つま先を真っ直ぐ前に向ける「ニュートラル」で歩きます。

(2)さらにつま先を内側に向けて膝が外側に向く「トゥイン・ニーアウト」、つま先が外を向いて膝が内側に向いた「トゥアウト・ニーイン」という歩き方も試します。

つま先と膝の方向を変えることで負荷のかかる部分も変わり、どの部分が傷んでいるかが分かります。腸脛靭帯炎では、「トゥイン・ニーアウト」で痛みが強くなる傾向があります。

 

レントゲン・MRI

レントゲン写真やMRIの画像を使って腸脛靭帯炎の検査をすることもあります。レントゲンは腸脛靭帯炎の検査というよりも、ほかの関節疾患や関節損傷ではないことを確認するために行われる場合が多いでしょう。

MRIによる腸脛靭帯炎の検査は難しく、よほど性能が良いMRIか、症状が分かりやすい場合でないとハッキリした診断ができないといわれます。

 

スポーツ後に膝が痛んだら、できるだけ早いうちに検査を受けてください。

(Photo by://www.photo-ac.com/)

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

体の中に機械をおいて投薬する!脊髄損傷によって起こる"痙縮"の画期的な投薬法とは

  今注目されている投薬の方法があります。体内に薬剤注入の機械を埋め込んで、そこ...

スキーは死亡者が多い?スキー&スノーボードのケガ・死亡の割合はどのくらい?

  スキー場に行くとスキーをしている人、スノーボードをしている人それぞれがない...


スキー保険の仕組みを知って、自分に合わせた保険に入ろう

  他のスポーツではそういったことはないのに、スキーやスノーボードに行くときに...

内出血をともなうケガの治療を助ける「グルタミン」の効果と摂取方法

  打撲などによる内出血は、ほとんどの場合が完治まで1~2週間程度かかるで...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る