カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 外傷(ケガ) >
  4. 基礎知識 >
  5. 腸脛靭帯炎の治療…スポーツドクターがいる診療科に行ってみませんか?

気になる病気・症状

腸脛靭帯炎の治療…スポーツドクターがいる診療科に行ってみませんか?

 腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)「ランナーズニー」は、スポーツによって長期間負荷がかかり続けて起こります。たとえ腸脛靭帯炎を患ってもスポーツを続けたい人もいますし、日常生活の質を維持しなくてはなりません。そのような事情を考慮に入れて治療にあたるのが、スポーツドクターです。スポーツドクターについて説明します。

 

スポーツドクターとは

医師としての経験が5年以上あり、日本体育協会が開催するスポーツドクター養成講習会を受講した人だけがスポーツドクターを名乗ることができます。スポーツドクター養成講習会を受講するためには、日本体育協会加盟団体から推薦を受ける必要があります。

 

スポーツドクターの役割

スポーツをする人の健康管理とスポーツ障害の治療、予防、リハビリにあたるのが、スポーツドクターの主な役割です。栄養などさまざまな角度からスポーツをする人の健康向上に貢献します。

 

スポーツ障害を治療するスポーツ医

スポーツ障害の治療に当たるのは、スポーツドクターだけではありません。日本整形外科学会認定スポーツ医は、より整形外科的な面からの治療を行います。腸脛靭帯炎の治療なら、整形外科学会認定スポーツ医も適しているでしょう。

もう1つ、日本医師会認定健康スポーツ医という制度もあります。こちらは健康診断や健康指導の趣旨が強く、メディカルチェックに力を入れています。腸脛靭帯炎予防のための助言などを受けられます。

 

スポーツドクターがいる診療科

整形外科を中心に、スポーツドクターがいる診療科が増えています。循環器科や呼吸器科にスポーツドクターがいる病院も。腸脛靭帯炎を治療するなら、やはり整形外科のスポーツドクター、整形外科学会認定スポーツ医が良いでしょう。

リハビリを熱心に行っているなら、回復後も安心です。最近では、「膝スポーツ外来」など、膝に起こるスポーツ障害に特化した病院やクリニックもあります。

スポーツ障害ならではの症状を診てもらうなら、スポーツドクターは大きな選択肢の1つではないでしょうか。

 

(Photo by:足成)

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

ゲレンデの事故、どんな責任問題があるの?

  スキーやスノーボードはスポーツの特徴から、交通事故のようなトラブルが生じる...

スポーツ障害が起こりやすいヒザ…腸脛靭帯炎の症状と特徴とは?

 足、特に膝はスポーツ障害が起こりやすい部位で、腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたい...


スキーは死亡者が多い?スキー&スノーボードのケガ・死亡の割合はどのくらい?

  スキー場に行くとスキーをしている人、スノーボードをしている人それぞれがない...

滑るときにどんな注意をすればいい?

  冬はウインタースポーツを楽しむという人も多くいると思います。 しかしスキ...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る