カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 注意したい病気 >
  5. 【乳幼児にしてはいけないこと】添い寝 する時の注意点とは

育児

【乳幼児にしてはいけないこと】添い寝 する時の注意点とは

日本ではパパやママの添い寝が当たり前というご家庭は多いもの。しかし、実は乳児突然死に繋がるため非常に危険なんです。そこで今回は添い寝の注意点をご紹介します。

 

乳幼児突然死症候群(SIDS)とは

乳幼児突然死症候群とは、それまでは問題なく元気だった赤ちゃんが、事故や窒息といった原因もなく、眠っている間に突然亡くなってしまうという病気です。

 

日本では年間100人ほどの乳幼児がこの病気により命を落としています。現在のところ日本での研究結果としては、うつぶせ寝や両親に喫煙者がいる子供、人工栄養児、早産児、低出生体重児などで確率が高くなるとされています。

 

アメリカでは乳幼児突然死の70%「添い寝」

日本では、うつぶせ寝や両親の喫煙など乳幼児突然死の要因としてあげられています。しかしアメリカの過去の調査では、突然死した子供の70%が「添い寝」が原因という結果に。添い寝が当たり前の日本のパパママにとっては驚きの結果ですよね。

 

添い寝が起こす乳幼児突然死のリスク

添い寝が引き起こす乳幼児突然死。何が原因となるのでしょうか。

 

・親の腕が赤ちゃんの鼻口・体を圧迫

・親の寝返りで赤ちゃんがベッドから落下

・親の布団やマクラに覆いかぶさり赤ちゃんの鼻口・体を圧迫 など

 

起きている時はパパママも気をつけて行動することができますが、寝ている時は無意識のうちに赤ちゃんに覆いかぶさってしまう場合もあります。

そのため、乳幼児と一緒に添い寝をすることは非常に危険ということがわかります。

 

添い寝による突然死を防ぐために

添い寝による突然死を防ぐためにパパママが知っておきたい対策法を3つご紹介します。

 

1.ベビーベッドを使用

ベビーベッドで寝かせる習慣を最初からつけておくことで、添い寝がなくても睡眠することができるようになります。

生後3ヶ月ぐらいになると、赤ちゃんの体もだいぶしっかりしてくることもあり、添い寝に変更する方も多いようです。しかし、まだまだ危険な時期。ベビーベッドをしっかり活用しましょう。

 

2.赤ちゃんの寝具を用意

ベビーベッドを用意できない場合は、赤ちゃん用の寝具を用意し、一緒の布団ではなく隣に並べて寝るようにしましょう。 赤ちゃん用の布団は、大人よりも軽くもちろんサイズも小さいため、万が一顔にすこと被ってしまったとしても、大人の布団よりも窒息のリスクが低いです。

 

3.なるべくママの横に寝かせましょう

科学的な根拠はありませんが、母親は寝ている間も無意識に赤ちゃんの様子を察知しているため、赤ちゃんをつぶしてしまうことは滅多にないと言われています。母と父の間に寝かせるのではなく、母側の横に寝かせるのがよいでしょう。

 

【体験談Pick Up】ベビーベッドを活用してよかったというママの声

投稿者:Renkaℳaℳa✧ さん 30代

めちゃくちゃベビーベッド愛用中です\(^-^)/ 1歳5ヶ月の娘、まだ使ってます☆ セミダブルのベッドの横にピタっとつけて、 新生児から、寝返りするまでの期間は、夜寝る時は柵は開けっ放しで寝てました(*´∀`)ノ 夜中の授乳が終わって、夜も寝てくれるよーになってからは、上二人の子供部屋にベビーベッド置いて子供達だけで寝てくれてます(*^^*) 我が家の場合リビング横が子供部屋なのでこーなりました☆ 今だに、お昼寝もベビーベッド(笑) 自分の寝床って解ってるんですょ(*^^*) 何かと私にとっては便利です♪(一部抜粋)

投稿者:にん さん 20代

うちはベビーベッドかなり使ってる派です‼︎笑 生後5カ月の息子がいますが、 ダブルベッドの横にベビーベッドをくっつけておいています。 初めはベビーベッドで寝てくれるか心配でしたが、ベビーベッド=夜、寝る時間。というふうにしていました!だからかはわかりませんが2カ月ごろから夜1回も起きなくなりました。笑 添い乳しなくても寝てくれます。 大人も赤ちゃんを潰してしまわないかなど気にせずゆっくり休めますし☆ 私たち夫婦は寝相悪くて怖かったというのもありますが…笑 ただ、夏だったので、起きるのも寒くないし大丈夫だったんですが、冬だと、起きてお世話したり授乳するのが億劫になるかもですね>_<(一部抜粋)

 

ベビーベッドで寝かせる習慣をつけたほうが楽!というママの声は多数ありました。添い寝による突然死のリスクも回避できるため、ぜひ参考にしてみてください。

 

近くで寝かせることが必ずしも危険とは限らない

添い寝が危険だと聞いて、赤ちゃんを別室に寝かすことは避けておきましょう。逆に遠ざけたことが突然死につながることもあるかもしれません。安全な睡眠環境であるかを確認し、しっかり対策をとることが大切です。

 

(Photo by:https://www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-05-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

注意したい病気に関する記事

アナフィラキシーは突然起こる!知っておきたい原因と通常のアレルギーとの違いとは?

子どものアレルギー症状の一つ「アナフィラキシー」。本やニュースで見たり聞いたりす...

なぜ子供は熱中症になりやすい?子供の熱中症が多い理由と熱中症対策7選

子供は外に出かけるのが大好き。暖かい季節になってくると、子どもと一緒に外出する機...

病気と症状の体験談

正月に発熱~病院も正月休みで初めての救急へ~

娘が12月中旬に一度風邪をひき、薬を飲ませ完治。年末年始にまた風邪を引くことはないだろうと思っていま...

1歳1か月で、突発性湿疹になりました

我が家の三女、1歳1か月 先日、ついに突発になりました~高熱が4日間!!先日、我が家の三女が突...

カラダノートひろば

注意したい病気の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る