カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 成長の目安 >
  4. 0~3ヵ月 >
  5. 言葉 >
  6. 無表情で乳幼児期の赤ちゃんに接すると言葉の遅れを招く恐れあり

育児

無表情で乳幼児期の赤ちゃんに接すると言葉の遅れを招く恐れあり

産まれて数か月の赤ちゃんはまだ歩くことも話すこともできませんが、さまざまなことを感じとり、情報を蓄積しながら日々学んでいます。

特にママやパパの表情や声掛けは赤ちゃんの成長と密接に関わっていて、その時期に無表情で接すると言葉の遅れに繋がることも...。

 

今回は、乳幼児期の赤ちゃんとの接し方についてご紹介します。

 

親が無表情で赤ちゃんに接するのはNG

両親が無表情のまま赤ちゃんと接していると、すぐに赤ちゃんが不機嫌になり、最後には泣いてしまったという実験結果があります。

 

大人でも無表情で接せられるのはあまり気持ちが良いものではありませんが、赤ちゃんにとってはとても大きな不安となってしまいます。

 

【実験動画】無表情のママを見て泣く赤ちゃん

 

最初笑っていたママが無表情になると赤ちゃんが泣き出してしまいます。

 

表情豊かに話しかけるとは赤ちゃんのコミュニケーション能力の育成に繋がる

一番身近にいるママやパパが表情豊かに話しかけることは、赤ちゃんが言語を習得するために大切なことです。

 

生まれて間もない頃は、意図的にではなく生理的に微笑みます。しかし、それに対してママやパパが反応して話かけられるなど、好意的な反応が得られると、赤ちゃん自身も相手とのコミュニケーション能力を習得することができるように。

 

そこから次第に、話言葉(の音)を聞き分けて反応にバリエーションが増え、言語の理解が進みます。

 

無表情が言葉の遅れを招くことも…

ただし、ただ話せば良いというわけではありません。話し手が無表情なままだと、赤ちゃん自身もコミュニケーションを取る意欲が低下してしまいます。

 

コミュニケーション不足は赤ちゃんのストレスとなり、赤ちゃんの成長・発達にも良い影響がありません。赤ちゃんとコミュニケーションを取るときは、目をしっかりと見て、笑顔で声をかけてあげましょう。

 

ママやパパの笑顔はとっても大切

産後しばらくは育児に手がかかり、ママやパパも疲れがたまってしまいます。しかし、この時期がとても大切です。

 

笑顔で話かけることで赤ちゃんとの信頼関係が生まれ、赤ちゃん自身のコミュニケーション能力の育成につながります。

 

赤ちゃんにとって、大好きなママやパパに笑いかけてもらえないのはとてもさいみしこと。あっという間にこの時間は過ぎ去ってしまうので、大切に過ごしてくださいね。

 

(Photo by:https://www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-08掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

言葉に関する記事

乳幼児期にスマホの触りすぎ注意。サイレントベビーの原因になることも

赤ちゃんは生後1か月くらいになると、「新生児微笑」という生理的な微笑を見せるよう...

成長の目安の体験談

生後6ヶ月になった子供の行動…

出産をした時はとても小さく、もしかしたら保育器に入るかもしれないなんて言われたこともあるうちの娘 ...

電車が好き?物の認識がしっかりしてきました

息子も1歳1か月。さすがに1歳になると、物の認識もしっかりしてきたせいか、こちら側にも好き嫌いがはっ...

カラダノートひろば

言葉の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る