カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 睡眠不足 >
  4. 睡眠不足は人間関係のトラブルの原因にも!

不眠・睡眠障害

睡眠不足は人間関係のトラブルの原因にも!

 

多くの人が経験があると思われる「睡眠不足」。大人だけでなく子供にも増えているといいます。寝不足になると体調も悪くなり、さまざまな病気の原因にもなります。さらに、精神面にも深刻な影響を与え、他人とのトラブルに発展することもあります。

 

 

 

■感情が昂りやすくなる

 

睡眠不足になると、脳の感情をコントロールする機能が弱くなり、感情的になりやすくなります。不安や緊張するできごとがあると、脳の扁桃体というところが反応します。この扁桃体の働きを調整するのが「大脳の皮質」です。睡眠不足になるとこの2つがうまく連携できなくなり、不安や緊張に過敏になるということです。普段は大きく感情を揺さぶるできごとがあっても、直接的に表出しないよう抑え、筋道を立てて感情を処理し、適切な表現を行うようコントロールされます。ところが睡眠不足であると脳がより本能的に働きやすくなり、感情の昂りを抑えられないといった現象がおこることがあります。ある実験では、負傷した人の写真などストレスとなる画像を見せるとどういった反応が得られるか調べたところ、睡眠不足の人では正常な人に比べより大きなリアクションを示したそうです。

 

 

■子供にも影響

 

近年、10時以降に就寝するという夜更かしな子供も増えているようです。このような子供では、イライラしてキレやすくなり友人関係でトラブルをおこしたり、学習意欲が低下したり集中力が欠如する傾向が強いようです。子供がこのような状態にあってもその原因が睡眠不足であると気づかないことも多いようです。成績がよい生徒には、夜更かしな子供が少ないという研究データもあるようです。情緒を安定させ、学習効率をよくするためにも子供の睡眠時間には注意する必要があります。

 

 

人間関係を円滑にし、物事をうまく進めるためにも十分な睡眠が必要ですね。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/08/08-366748.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

睡眠不足に関する記事

6時間以下の睡眠不足が、700もの遺伝子変異を引き起こす?!

後天的に起こる遺伝子の変異は、人が生活をする上で、常に引き起こされています。 ...

寝不足の解消には「寝だめ」よりも「仮眠」が効果的!

  平日は仕事や夜更かしなどで遅くまで起きていても、翌日は会社や学校などで...


睡眠不足はトラブルを招く!大事故の原因になることも

  現代ではほとんどの人が寝不足だ、あるいは寝不足気味であると感じているよ...

日本人の平均睡眠時間は○○時間!?職種によっても睡眠時間は異なります

体に、そして脳のために必要な睡眠時間は人によって違います。 3時間程度の睡眠か...

カラダノートひろば

睡眠不足の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る