カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 食事 >
  5. 時間帯 >
  6. 食欲増進ホルモンが増加してしまう!睡眠不足はダイエットの大敵です!

美容・ダイエット

食欲増進ホルモンが増加してしまう!睡眠不足はダイエットの大敵です!

深夜まで営業しているお店も増え、便利になった一方でそこで働く人や利用する人の睡眠不足の一因になっている場合もあります。コンビニでは、深夜でも強い照明が眩しく、長い時間滞在すると体内時計を狂わせてしまうこともあります。

 

さらに睡眠不足だとなんだかお腹が空く…と、カップ麺やスナック菓子などを買って食べる、などということが続けば当然肥満につながります。

この寝不足状態の空腹ですが、単純に起きている時間が長いからお腹が空くというわけでもなさそうです。

 

■食欲を左右する「レプチン」と「グレリン」

レプチンとは、脂肪組織でつくられるホルモンで、脳にある満腹中枢に働きかけ、食欲を抑制する作用があります。対してグレリンとは、胃で作られ、食欲を増進させる作用があるホルモンです。この2つがバランスをとりながら食欲を増減させています。睡眠不足の状態になると食欲増進ホルモンであるグレリンが増加し、反対にレプチンが減少することがわかっています。

また、睡眠が少ない人の肥満度を調べたところ、なかでもより睡眠が少ない人ほど、肥満度が高かったという報告もあるようです。

 

■寝不足太りを防ぐために

慢性的な睡眠不足に限らず、短期間の睡眠不足も食欲増進ホルモンを増やしてしまうようです。しかし、睡眠不足も止むを得ないという状況も時にはあるかと思います。そこで食べすぎて太ってしまわないよう、間食にはカロリーの低いものを選ぶとよいでしょう。

 

スープやホットミルクなどの温かい飲み物は疲れを癒す効果もありおすすめです。あとは仮眠をとったり早めに睡眠不足を解消し、ホルモンバランスを元に戻すよう心がけましょう。

 

疲れるだけでなく肥満の原因にもなってしまう睡眠不足。

ダイエットを考えている、またはダイエットをしているけどなかなか食欲を抑えられないという場合は、一度睡眠を見直してみてはいかがでしょうか。

 

(Photo by:足成)

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

時間帯に関する記事

忙しくて食事の内容に気を遣えない!それでも痩せる秘訣とは?

  ダイエットの基本は食事と運動とはわかっていても、忙しいとどちらにも気を配れ...

痩せ時間に食事をして効率よくダイエット☆

  食事の量は多くないのに、どうして痩せないんだろう?と悩んでいる人はい...


カロリーの消費が多い時間帯がポイント!昼の炭水化物ダイエット

痩せるためには、食べたカロリーを体の中に残さず消費してしまうことが第一条件です。...

ダイエットをより効果あるものにするために!カロリー消費しやすい体を作るために出来ること

  ダイエットをしてもうまくいかない、ついつい自分に甘く途中で断念してしま...

カラダノートひろば

時間帯の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る