カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 睡眠不足 >
  4. 寝不足の解消には「寝だめ」よりも「仮眠」が効果的!

不眠・睡眠障害

寝不足の解消には「寝だめ」よりも「仮眠」が効果的!

 

平日は仕事や夜更かしなどで遅くまで起きていても、翌日は会社や学校などで早く起きなければならず、寝不足な日々が続いている人もいるでしょう。中には夜勤があり、普通の睡眠がとれていなくて調子が悪いという人もいると思います。睡眠不足を解消するため休日にたくさん寝ることは、やり方によっては疲労の解消になりますが、一日中ごろごろしたり昼過ぎまで寝ているのは、かえって体調不良につながります。そんな時は「寝だめ」するよりも「仮眠」をとることをおすすめします。

 

 

■仮眠の効果

 

仕事中や授業中ついウトウトしてしまい、ハッと目覚めたあとなんだかとてもスッキリしていた、という経験はありませんか?さまざまな研究から、仮眠をとると記憶力や注意力が向上するなど、脳の機能を回復させる効果があるということがわかっています。

 

 

■効果的な仮眠の取り方

 

仮眠に適した時間は15~30分です。それ以上寝てしまうと睡眠が深いレベルまで達してしまい、起きたあとかえって寝ぼけた状態になってしまいます。昼食後の眠気がくる前に仮眠をとると、起きやすく午後の眠気も防ぎやすいようです。また、眠気を覚ます作用のあるカフェインは摂取してから30分後に効き始めるという性質を利用し、仮眠直前にコーヒーを飲んでおくとスッキリ目覚めやすくなるそうです。また、アイマスクをして光を遮断したり、静かな場所で寝ると疲れがとれやすくなります。

 

 

しかしながら、仕事中に仮眠をとるのはなかなか難しいいでしょう。昼休みに時間が取れる場合はよいのですが、時間がなかったり周りの目が気になるようであれば、1分間だけでもリラックスした姿勢で目を閉じていれば、休息の効果が上がると言われています。堪え難い眠気に襲われた時などに試してみてはいかがでしょうか。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/07/01-364458.php])

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

睡眠不足に関する記事

睡眠不足はトラブルを招く!大事故の原因になることも

  現代ではほとんどの人が寝不足だ、あるいは寝不足気味であると感じているよ...

子どもは8時間以上寝かせないと、将来肥満になる!?子どもの睡眠と肥満の関係

  睡眠不足は色々な健康障害を引き起こしますが、この睡眠不足が肥満と関係している...


不眠は糖尿病や肥満を招く?睡眠不足によるホルモンバランスの崩れ

  不眠が招く糖尿病と肥満?      睡眠不足、あるいは、睡眠障害...

睡眠不足は人間関係のトラブルの原因にも!

  多くの人が経験があると思われる「睡眠不足」。大人だけでなく子供にも増え...

カラダノートひろば

睡眠不足の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る