カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 睡眠不足 >
  4. 眠いけど寝てはいけない時はどうすべき?睡眠不足の対処法

不眠・睡眠障害

眠いけど寝てはいけない時はどうすべき?睡眠不足の対処法

現代では子供から大人まで、本当に多くの人が睡眠不足であると言われています。睡眠不足は多くの病気の原因となります。肥満や糖尿病・心臓病やがんなど体の病気から、うつ病や集中力の欠如・イライラしやすくなる等、精神的な異常がおきることもあり、さまざまなリスクを抱えています。

 

しかしながら、仕事の都合や赤ちゃんのお世話などで、一時的に睡眠不足になるのも止むを得ないという状況もあります。

うっかり居眠りをしてしまい、大事故につながったという例もあります。大事な局面で失敗しなためにも、睡眠不足の時の対処法を考えておきましょう。

 

■仮眠をとる

一番良いのは仮眠をとることです。数分から数十分寝るだけでも効果があると言われています。少しの時間、静かに目を閉じて休息できるタイミングと場所を見つけてみましょう。

 

■アロマの力をかりる

眠気を覚ます効能がある、アロマオイルの香りをかいでみるのもよいでしょう。おすすめは、スパイシーで気分をリフレッシュできる「ペパーミント」、呼吸器系の調子を整え集中力を高める「ユーカリ」などです。ティッシュやハンカチにアロマオイルをたらしてそばに置いたり、鼻を近づけてかいだりするとよいでしょう。アロマオイルではなくハーブティーを飲むというのもめざまし効果があります。

 

■ツボをおす

眠気を覚ますツボをおすのも効果的です。いくつかありますが、わかりやすいのは頭のてっぺんにある「百会」です。頭の正面に引いたラインと、左右の耳を結ぶラインが交わる点にあります。グリグリおさず、指の腹で痛くない程度に指圧するようにしましょう。

 

■カフェインをとる

眠気覚ましにコーヒーを飲むというのはよくやる方法でしょう。他にもカフェイン入りの栄養ドリンクを飲んだり、カフェインの錠剤を飲むという方法もあります。しかし常用してしまうと体に害がありますので、いざという時だけ使うようにしましょう。なお、授乳中や妊娠中には服用しないようにしましょう。

 

いくつか方法がありましたが、睡眠不足状態を無理に覚醒させるのではなく、睡眠をとって解消するのが一番です。

 

(Photo by:足成)

著者: はやぶささん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

睡眠不足に関する記事

どれくらい眠れば体は満足するの?睡眠時間は何時間がいい?

人って一体何時間眠れば満足するんだろう、と考えたことがある方もいるかもしれませ...

睡眠不足は人間関係のトラブルの原因にも!

  多くの人が経験があると思われる「睡眠不足」。大人だけでなく子供にも増え...


6時間以下の睡眠不足が、700もの遺伝子変異を引き起こす?!

後天的に起こる遺伝子の変異は、人が生活をする上で、常に引き起こされています。 ...

睡眠不足はトラブルを招く!大事故の原因になることも

  現代ではほとんどの人が寝不足だ、あるいは寝不足気味であると感じているよ...

カラダノートひろば

睡眠不足の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る