カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 不眠・睡眠障害 >
  3. 疲れが取れない >
  4. 疲れやすく寝過ぎてしまう原因は「自律神経失調症」かも

不眠・睡眠障害

疲れやすく寝過ぎてしまう原因は「自律神経失調症」かも

これといった病気は思い当たらないのに毎日疲れやすく寝過ぎてしまうということはありませんか?そんな時は自律神経失調症になっている可能性があります。

 

自律神経失調症とはどんなものか、改善するにはどうしたらよいのかについて、見ていきましょう。

 

■自律神経失調症とは

自律神経は、本人の意思とは関係なく、体の状態を最適に保つため各器官などをコントロールしている神経です。

 

自律神経には2種類あります。1つは体を活動的にさせる「交感神経」、もう1つは体を休める時に有意に働く「副交感神経」です。普段はこの2つがバランスよく働き、体温調節や発汗、胃腸の動きや心臓のペースなどをコントロールしています。

 

ところが何らかの理由でバランスが崩れると夜になっても寝付けない、朝起きることができない、動機や息切れがする、イライラしやすくなるなどの症状が出てきます。

 

■改善方法とは

自律神経失調症になる原因には、疲労やストレス、気候や環境の変化などがあります。特に、ストレスが原因のものが多いと言われています。ストレスを解消し、元になっているものを取りのぞくようにします。

 

また、自律神経を整えるためには規則正しい生活とバランスの良い食生活も重要です。湯船につかって血行をよくしたり冷え対策をするのも効果があります。

 

疲れが取れないからといって長時間寝るのは、かえって自律神経が乱れるためよくありません。7、8時間程度で良質な睡眠がとれるよう工夫するとよいでしょう。

 

ストレスを解消し、規則正しい生活をすることで調子を戻して行くことが第一ですが、そう簡単にはいかないという場合も多いでしょう。薬での治療などもありますので、症状が辛いときは我慢せず、病院で相談してみましょう。

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: はやぶささん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

疲れが取れないに関する記事

正しい睡眠でしっかり疲れを取ろう

  寝ても寝ても疲れが取れないと悩んでいる方は案外多いようです。 国立保健医...

眠気がなかなか取れない…病院には行く前のチェックと病院選び

  眠気がなかなか取れない、きちんと寝ていると思うのに昼間にも眠気が来るなど眠り...


「就寝3時間前のカフェイン摂取」「食事時間の遅れ」は体内時計を狂わせる原因になる?

概日リズムとは、脳や臓器などすべての機関をほぼ24時間周期のリズムで動かす仕...

睡眠時間より睡眠の質が大切!翌日に疲れを残さない快眠を得るために

7~8時間程度寝ているのにも関わらず、翌日に疲れが残っているといったことはあり...

カラダノートひろば

疲れが取れないの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る