カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 認知症 >
  4. アルツハイマー >
  5. 原因 >
  6. 寝過ぎは脳の老化を招く?!長時間睡眠は認知症やアルツハイマーの原因にも…

介護・認知症

寝過ぎは脳の老化を招く?!長時間睡眠は認知症やアルツハイマーの原因にも…

平日は仕事に学業に忙しい日々を過ごす人も多く、寝不足な状態が続いているということもあるでしょう。休日には心ゆくまで布団で眠る、というのも至福のひと時ですね。

 

たまにたくさん寝過ぎてしまう分にはそれほど問題はありませんが、起きる時刻が平日と2時間以上差があると睡眠リズムが狂いやすいともいいます。

 

さらに寝ても疲れが取れないので8時間以上毎日寝ている、というのも老化の原因になるそうです。

 

■寝過ぎると脳が老化することも

アメリカで行われた60~70歳の男女をモニターとしたある実験では、一日に9時間以上睡眠をとる人たちは、6~8時間の人たちに比べ、3年間の脳の衰えが顕著にあらわれたそうです。

 

■認知症の発症率も2倍に

また、他の調査では65歳以上の男女3200人あまりの生活時間や健康状態を3年間追跡調査したところ、長時間睡眠の人は認知症の発症率が高くなるという結果が出たようです。1日平均睡眠時間が6~8時間の人に比べ、8時間以上の人の発症率は約2倍であったようです。

 

実験により、長時間睡眠は認知症やアルツハイマー、脳の老化などと何かしらの関連があるということがわかってきていますが、はっきりとした因果関係などはまだ研究段階であり、科学的に解明されてはいないようです。こういった実験結果を、確かなものではないと否定する意見もあるようです。

 

人によっては、9時間以上の長い睡眠を必要とする「ロングスリーパー」である場合もありますが、自分がそうだと思っていても、食事内容や生活リズム、睡眠環境を見直せば深く眠れるようになり、7時間前後でも十分に休息がとれるというケースもあります。

 

いずれにせよ、やり過ぎは禁物ということで、適度な睡眠が脳の健康をもたらすということになるでしょう。

(Photo by://www.ashinari.com/

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

認知症は遺伝なの?

家族が認知症となると、それ自体の心配に加えて遺伝の可能性を不安に訴える人が多くい...

飲酒と認知症、アルツハイマーの危険な関係

  適度な飲酒はリラックスをもたらし、生活の楽しみにもなります。 その一...


認知症の原因はベータアミロイド

 アルツハイマー病など認知症はほとんどが表層的な症状から診断するしかありません。...

認知症患者の心に寄り添う~徘徊の種類と原因

  認知症の高齢者のうち、20%の人に起こるという徘徊は、近所を歩き回る、...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る