カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 切り傷 >
  5. こんな場所を切った!体の部位別、切り傷の対処法とは?【後編】

育児・子供の病気

こんな場所を切った!体の部位別、切り傷の対処法とは?【後編】

 

お子さんがしてしまった思わぬ切り傷…そんな体の部位別の対処法を前編に続いて、お伝えします。

※こんな場所を切った!体の部位別、切り傷の対処法とは?【前編】はコチラ

 

 

◆耳

ご自宅で親御さんがお子さんの髪を切ったり、お子さん自身がハサミを使って遊んでいる時など、思わぬ動作から耳を切ってしまうという事故が起こってしまうこともあります。

 

ハサミによる切り傷は深くなりやすく、止血するのも大変です。バリカンなどで浅い切り傷が出来てしまった場合には、湿潤療法という方法が良いでしょう。

 

患部を水でよくすすぎ、傷口をラップなどで覆い、空気に触れさせないように処置する方法です。

 

しかし、ハサミなどで切ってしまい、切り傷が深いようであれば、ご自身で処置を行うよりも、医師に行ったほうが良いです。清潔なガーゼなどで止血をし、そのまま病院へ行きましょう。

 

◆頭

頭部を打った際に、切り傷が出来て出血をしてしまうと、頭ということもあり、つい気が動転してしまいます。

 

階段から落ちた、椅子から落ちた、物があたって出血など、様々な場面で切り傷が起こりうる生活をしているので、防ぎようがないのですが、実際に頭から出血してしまった場合には、そのように対応したらよいのか、覚えておきましょう。

 

まずは、患部に清潔なガーゼなどをあてて止血します。頭を強打したとしてもグッタリと意識がない状態は危険ですが、大泣きした場合にはひとまず安心できます。

 

止血後に傷口をみて、さほど深そうでなければ大丈夫ですが、心配な事は傷だけでなく、頭を強く打っているという事も。頭を強く打ってしまうと、脳内出血など、脳に影響を及ぼしてしまうことも稀にあります。

 

嘔吐や鼻血、顔が青白くなるなどの症状はとても危険です。頭部の切り傷のみで、すぐに止血され、傷も浅そうであれば、患部を清潔にすることで対処ができますし、医師に見てもらいたい場合には小児科で対応してもらえますが、頭部を強く打っている場合には、脳神経外科などに行き、患部や脳などに影響がないかを見てもらいましょう。

 

また、異常がある場合には、通常24時間以内に症状として現れることが殆どです。頭を強く打ち、その後脳神経外科などの受診をしても、その日1日はお子さんの体調の変化に注意をしてください。お風呂には入らないほうが良いかもしれません。

 

切り傷は、お子さんにとっても痛みを感じますし、ママも場所によってはアタフタしてしまいます。

 

しかし、ママがお子さんを安心させてあげられるように「うんうん、大丈夫だよ、痛かったね」とお子さんの心を落ち着かせてあげるようにしましょう。

(photo by: //www.ashinari.com/ )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

切り傷に関する記事

洗って、きれいにして、消毒しない?

  子どもが生活の中で切り傷をつくることはよくあります。紙の端で切ってしまった...

子どもが手を切った!?切り傷の応急処置に大切な止血の方法

子どものケガで代表的なものといえば、擦り傷、切り傷です。一般的には擦り傷の方...

切り傷の体験談

娘(5歳)が車に指を挟んだ!

思わぬ事故、子供がいると遭遇する機会も多いですよね… 秋の遠足当日、娘はご機嫌で鼻歌を歌いながら降...

くちびるを、切ってしまいました・・・

我が家の三女、1歳過ぎてすぐに 唇を切る怪我をしてしまいました・・・血が多く出る箇所、焦らずに。三...

カラダノートひろば

切り傷の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る