カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. >
  5. 妊婦はどうして痔になりやすい?!妊娠中の痔の原因と予防法

妊娠・出産

妊婦はどうして痔になりやすい?!妊娠中の痔の原因と予防法

妊娠中のマイナートラブルの中でも、多くの妊婦さんが経験するトラブルの1つが痔でしょう。

最近のある調査では、産後の痔も含めるとおよそ2人に1人の妊婦さんが痔に悩まされているというデータが出ています。

 

そもそも、なぜ妊娠すると痔になりやすくなってしまうのでしょうか。 

 

妊娠するとなぜ痔になる?

便秘になると腸が詰まった状態が続き、その間にとった水分が便に吸収され、便がさらに硬くなってしまいます。

硬くなった便を無理やり押し出そうといきみ、肛門に圧力がかかってしまい痔になります。

 

また、妊娠中は胎児の成長とともに子宮が大きくなっていきます。

大きくなった子宮は他の臓器を圧迫していきますが、直腸周囲の血管も同様に圧迫されます。

同時に赤ちゃんの頭も身体も成長し、肛門に圧力をかけるため、肛門がうっ血し、痔になりやすくなります。

 

そのため妊娠初期や中期よりも、後期~臨月にかけて多く、また出産を機に痔になってしまう人も多くいます。 

 

妊娠中の痔は大きく分けて2種類

妊娠中の痔は大きく分けて2種類に分類されます。

 

まず一番多いのが、通称いぼ痔と呼ばれる「痔核」です。

痔核はさらに2種類に分類され、肛門の外側に突出する「外痔核」、内側に突出する「内痔核」となります。

 

妊婦さんに多いのはそのうちの外痔核で、この場合、指で触れると固いしこりがあり痛みを伴うことが多いです。

妊娠の他にも、重いものを持ち上げて腹圧のかかる仕事や、同じようなスポーツ等をする人によくある症状となります。

 

痔核の次に多いのが通称切れ痔と呼ばれる「裂肛」です。

便秘により溜めてしまった便を無理やり出す時、また下痢により便を一気に排泄してしまうときに、肛門の出口付近の皮膚が切れておこることがほとんどです。

赤い鮮血の出血と痛みが特徴です。痛みを感じたときには、トイレットペーパーに血がついていないかどうか確認しましょう。

 

妊婦の痔を予防するには?

痔を予防するために、日常生活で気を付けることは何か、いくつかの予防策を紹介いたします。

 

下半身を温め、血行を良くする

痔になる要因の1つとして、肛門回りの血流が滞ることによるうっ血があります。

浴槽につかり、下半身をよく温めることで、血流をよくすることは痔の予防につながります。

 

夏場はついついシャワーで済ませてしまいがちですが、時には半身浴等を取り入れて身体の血行を良くしましょう。

また、シャワーで肛門の周りをやさしくマッサージし、あたたかいパンツを下着の上に重ねてはきましょう。

 

それから、トイレの便座が冷たい場合も肛門周りの緊張を促進してしまい、便を出にくくしてしまいます。

便座カバーをするようにして、冬場は必要に応じて便座を温めておくようにしましょう。

 

便秘を防ぐ

便秘になってしまうと、長い間お腹にとどまった便が硬くなり、肛門を通過するときに無理な力がかかります。

そしてこれが痔の原因となります。そのため、痔を防ぐためにはまずは便秘を防ぐことが有効となります。

 

便秘予防にはいろいろな対策がありますが、まずは根菜類などから食物繊維を積極的にとることです。

ヨーグルトやバナナなど、腸に働きかける作用がある食材を摂ることも効果的です。

また、体調がよくお腹の張り等が気にならない日には、ウォーキングやヨガ、スイミング等で身体を動かすのも効果的です。

 

トイレでいきみすぎない

便秘にならないように、食生活を見直しましょう。便がでなくても、時間をきめてトイレに座る努力をしましょう。

便秘になったら、無理にいきまずにお医者さんに相談しましょう。

 

座りっぱなし・立ちっぱなしをやめ、適度に運動

長時間同じ体勢でいると痔の原因になります。

会社や仕事でずっと座りっぱなし・立ちっぱなしな人は、仕事の合間などに軽いストレッチや体をひねる動きなどをして、体にリフレッシュをさせましょう。

 

また、適度な運動は腸を動かし、便秘の予防にもなります。

お腹が大きくなってくると、できる運動も限られてくるので、マタニティヨガがおすすめです。

 

患部を常に清潔に

毎日のお風呂で清潔に保つことはもちろんのことですが、刺激を最小限にするため、時にはトイレットペーパーではなくウォシュレットで肛門周辺を洗い流しましょう。

赤ちゃんのおしりふきなど、刺激の少ないウェットティッシュも効果的です。

 

最後に

妊娠・出産で痔を経験する人は意外と多いです。

自覚がない軽度な症状の人も含めると半数以上が経験しているようです。

 

悪化して痔になると、痛みで座ることが一番つらくなります。

「妊婦にはつきもの」と恥ずかしがらずに早めにお医者さんに相談したり、予防しましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/09/03-381531.php)

著者: munpuriさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

痔に関する記事

妊娠中は「痔」になりやすい!原因や予防を知っておこう!

  妊娠中に痔に悩まされる妊婦さんは少なくありません。妊娠していない時にくらべ...

妊娠中の「痔」を予防するためにはどうすればいい?

妊娠中の下半身のトラブルは困りものですね。特に、便秘や下痢など、お腹の調子が安...

痔の体験談

痔になっちゃった!妊娠中は肛門周りの血行が悪くなる?

妊娠したら痔になりやすいと聞きますね。 妊娠すると血行が悪くなりむくみやすくなります。肛門周りの血...

潰瘍性大腸炎*妊娠中は再発しやすい?

2年前の11月にこの病気にかかりました。大腸がただれてしまい、下痢や血の混じった水便が止まらなくなっ...

カラダノートひろば

痔の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る