カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 花粉症 >
  5. 妊娠中の花粉症対策はどうする!?妊婦の時に知っておきたい花粉症の知識

妊娠・出産

妊娠中の花粉症対策はどうする!?妊婦の時に知っておきたい花粉症の知識

暖かい春はウキウキしてしまう季節。しかし、この時期に悩まされるのが花粉症です。もちろんこの花粉症は妊婦さんにも襲いかかってきます!

これまで花粉症とは無縁だった人も、妊娠すると他人事ではありません。そこで今回は妊娠中の花粉症対策についてご紹介します。

 

妊娠中に初めて花粉症になってしまう人も!

今まで花粉症とは無縁だった人も、妊娠中に花粉症になってしまった...という方や、花粉症が重症化してしまったというケースもあるようです。

 

原因はホルモンバランスの変化

妊娠中は黄体ホルモンと呼ばれるホルモンの分泌が急激に増加。体のホルモンバランスに大きな変化が起きます。

それがきっかけとして、今まで平気だった人が花粉症になる、または花粉症が悪化するということが起こるようです。

 

花粉症のくしゃみ、赤ちゃんに影響は?

花粉症になると頻繁にくしゃみをしてしまいますよね。お腹に力が入ってしまい、赤ちゃんに影響はないのか心配になってしまいます。

しかし、くしゃみ程度の腹圧であれば基本的には胎児に影響はなく妊娠初期の流産も心配ありません。

だだし、繰り返しくしゃみをすることで、お腹に痛みを感じたり、いつもよりもお腹の張りを感じるような場合は、一応医師への相談をしたほうが良いでしょう。

 

花粉症は赤ちゃんに遺伝しない?

特に妊娠中に自分か花粉症になってしまうと、このアレルギー反応は赤ちゃんに遺伝しないかということが、気になってしまうと思います。

実際、花粉症は身内にアレルギー体質の人がいたり、花粉症保持者がいることで発症しやすいとは言われています。

 

しかし、それも遺伝だけが要因ではなく、同じ環境で生活していることで特定の花粉への曝露量が多くなるなどの要因もあります。むしろ、遺伝よりも赤ちゃんが生まれてからのライフスタイルに気をつける方が良いでしょう。

 

妊婦さん必見!花粉症対策 6選

花粉の季節に妊婦として過ごさなければいけない時は普段よりも注意が必要です。というのも妊娠中は花粉に対して敏感になりやすい時期だからです。そこで、妊娠中の花粉症対策のポイントをご紹介します。

 

1.外出する時間帯

花粉にはよく舞う時間帯や天気があります。乾燥して風が強い日には花粉が飛び散りやすく、お昼前後が最も花粉が多いです。

出かける時間帯を選べるときにはなるべく風のない日の午前中もしくは午後2時以降に出かけるとよいでしょう。

 

2.外出時の服装

妊婦に限らず、花粉症の時期に「マスク」や「メガネ」は必須アイテムです。

最近はドラッグストアにいろんな種類のマスクが販売されているため、ご自身に合ったものをぜひ探してみてください。

 

3.家に帰ってきてからの花粉対策

家に帰ってきてからはまず玄関のすぐ外で花粉を落としましょう。旦那さんやお子さんにも徹底してもらい、衣服を払ってもらうほか、花粉症の症状がひどい場合は粘着テープなどで花粉をつけるのも効果的です。

 

4.カラダの免疫力を高める食べ物

花粉症には様々な対策がありますが、そのうちの1つとして、カラダの免疫力を高めることが大切だと言われています。

カラダの免疫力をアップさせるために効果的な食材は以下の通り。積極的に摂り入れてください。

・ヨーグルト

・ローズヒップティーやルイボスティー

・グァバ茶

・蓮根

 

5.洗濯物は必ず室内!

3月ぐらいはちょうど洗濯物が乾きやすい時期。天気が良い日だとつい外に干してしまいがちですが、これはNG!

服についた花粉を部屋に持ち込み、さらには自分の服から花粉を吸ってしまうことになりますよ。必ず部屋干ししましょう。

 

6.あまりにも辛い時は病院で薬を処方

あまりに症状が辛いときには無理をせず、耳鼻科などの受診をおすすめします。

「でも薬はあまり飲みたくない」と抵抗がある妊婦さんも多いですが、胎児にノーリスクの薬を処方してくれますよ。

無理に我慢しすぎると、副鼻腔炎など鼻の病気になってしまう可能性があるため注意。

 

【体験談Pick Up】

投稿者:りょんたんさん

 

2人目妊娠中は、子供と外遊びをする時間も増えたためか、飛散量が多い年だったのか、眠れないほどだったので、検診の時に先生に相談し、「小青竜蕩」という漢方薬を処方してもらいました。

 

点眼薬、点鼻薬は医師によって方針が違うと思いますが、私の担当医は使用しても差し支えないという判断だったので、漢方薬と点眼・点鼻薬を併用したところ、これが私の体質にはマッチしたようで、症状が軽減されました。

 

これまで、耳鼻科で処方されていた薬より効果てきめんな気がするほどでした。 その後、二人目授乳・3人目妊娠~授乳中も「小青竜蕩+点眼・点鼻薬」のセットで乗り切っています。

 

普段の生活は、外に出るときはマスクをする、洗濯物は基本的に室内干し、外に出すときは「花粉付着防止スプレー」を使ってから干す、朝シャワー派の夫には夜入浴してもらって少しでも花粉を家中に飛ばさない対策を取っています。

 

夫はブツブツ文句を言っていますが、娘も花粉症なので、子供のためといい納得してもらっています。 春の訪れはうれしいけれど、辛い花粉症・・・。 少しでも快適に過ごせたらいいですね。(一部抜粋)

 

市販薬の服薬は注意

花粉症に限らず、市販薬をご自身で判断して使用するのは注意が必要です。

鼻に直接かける花粉スプレーや目薬であれば基本的には問題はないと言われていますが、服薬するタイプの薬は胎児にリスクがある可能性も。

 

妊娠中は、花粉症だけでなく薬を使用したい場合は、まずお医者さんに確認してから使用するようにしましょう。

 

お産と花粉の時期が重なったら?!

花粉の時期に出産予定日がピタリと当たっている妊婦さんは、辛い花粉症の中でどう乗り切ればよいのでしょうか?

 

花粉の時期が始まる前から花粉症対策を忘

花粉の時期になってからではなく、早い段階で対策をとっておくとことで軽度で済むことも。マスクは毎日つけることが大切です。

耳鼻科などで花粉症の対策をしたいと考えている方は、出産が近いことをしっかり医師に伝えましょう。

 

また、できるだけ不要な外出を控え、花粉を吸い込んでしまう機会を作らないようにすることもオススメです。

 

入院準備物に箱ティッシュ必須

入院のための準備をする際に、意外とわすれられがちな箱ティッシュ。もちろん産院にもありますが、花粉症の時期はティッシュの消費は凄まじいものです。何個か予備で持って行っておきましょう。

 

出産時には花粉症のことなど考えられない!

実際、いざ分娩!となると、花粉症のことなど考えられなくなります。 陣痛の痛みや赤ちゃんを産もうと思う意識、その方が強く、花粉症の症状も忘れてしまう程だと言うママが多いです。

 

妊娠中の免疫低下に注意 

妊娠中は胎児を守るため、ママの免疫力は低下してしまいます。それに加え、不眠や食欲の変化等により妊娠中の体調は万全とは言えません。

そのため、花粉症の症状が悪化してしまう可能性がありますよ。

 

妊娠中は薬が飲めないからと病院に行くことを諦めている妊婦さんも多いですが、我慢していると辛い日々を過ごすことになってしまいます。ぜひ早めの段階でお医者さんに受診してみて下さい。

 

(Photo by:https://www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-09掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

花粉症に関する記事

妊娠・出産がきっかけで花粉症が治るってほんと!?

妊娠や出産がきっかけで体質が変わったという方は意外に多いようです!虚弱体質が健康...

妊婦さんが秋に花粉症になったらどう対策する?オススメ花粉症対策3選

花粉症の季節と言えば春を思い浮かべる方が多いですが、実は秋も花粉症の季節なんです...

トラブルの体験談

おっぱいマッサージ

10年振り、3人目を妊娠中です。 35週を迎え、完母が目標な事から、おっぱいマッサージを開始しまし...

妊娠中の子宮がん検診。「Ⅲa」で再検査

妊娠したら必ず行われる子宮がん検診。 1人目の時に「Ⅲa」で再検査。 2人目の時は「Ⅱ」で問題な...

カラダノートひろば

花粉症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る