カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. 充血 >
  5. 肌だけじゃない!目にも悪影響を及ぼす紫外線!どんな病気が?

気になる病気・症状

肌だけじゃない!目にも悪影響を及ぼす紫外線!どんな病気が?

シミやシワの原因を作る紫外線。肌への紫外線予防は常識になりつつあるけれど、目の紫外線対策を行っている人は少ないのでは?

 紫外線の目への影響は分かりにくいのですが、でも無防備に強い紫外線を浴び続けると、紫外線角膜炎、白内障、翼状片などの病気を引き起こしてしまう可能性があります。充血の影に病気が隠れているかもしれません。

 

♦紫外線角膜炎

目に強い紫外線を浴びてしまうと、黒目の表面に傷が付き炎症がおこり、目の充血や、目の痛み、涙が止まらないなどの症状が出る「紫外線角膜炎」という病気になります。この現象は、紫外線量の多い季節だけでなく、スキー場など雪の反射が多い場所でも起こります。

 

◆白内障

紫外線の多くは角膜で吸収されますが、紫外線の波長によっては目の奥の水晶体や網膜までしてしまいます。すると、水晶体のたんぱく質に変化が起こり、水晶体が濁って「白内障」という病気になってしまいます。

 

◆翼状片

紫外線が影響を及ぼす目の病気として、「翼状片」という病気もあります。この病気は、紫外線により目の角膜の部分が炎症を起こし、異常に増殖してしまい、黒目にまで白目が侵入してくる病気です。

 

いずれの病気も、紫外線が目に入るために起こるので、サングラスなどで紫外線予防をすることで防げますただし、UVカット加工がされていない、ただ色が濃いだけのサングラスでは逆効果になる場合があります。

 濃い色のサングラスをかけると、もっと光を取り入れようと目の瞳孔が開きます。瞳孔が開いた状態の目に紫外線が入ってくると、広く開いた瞳孔は紫外線をどんどん取り込んでしまいます。
ですから、きちんとUV加工されたサングラスを選ぶことが大切です。

 

また、サングラスの隙間や横からの紫外線を防いでくれる大きめのレンズで、フレームは幅広いものがよりオススメです。

 

(photo by //www.photo-ac.com/main/detail/20280?title)

著者: てたもさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

充血に関する記事

目の充血のケアってどうすればいいの? 場合に応じた目のケア方法

  目の充血の原因は様々ありますが、目の不調を訴えるサインを正しく理解すること...

失明の危険性!?カラーコンタクトを着用する上で知っておきたい注意点

瞳を大きく見せる効果のある「カラーコンタクトレンズ」。量販店やネット通販で気軽...


女性必見!あなたのアイメイクは充血の原因?トラブルを予防するための注意点とは

  アイメイクの方法で、顔の印象ってグッと変わりますよね。でも、そんなアイメイク...

白目に・・・ゼリー状のできものが?!

白目がゼリー状になったり、一部にゼリー状のできものができることがあります。な...

カラダノートひろば

充血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る