カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. 目に良い栄養素を摂取することで眼精疲労を解消しよう!目の体操とツボ・マッサージ

気になる病気・症状

目に良い栄養素を摂取することで眼精疲労を解消しよう!目の体操とツボ・マッサージ

基本的に目の充血は目の病気や目の疲れで起こります。眼精疲労が原因の場合は、目を休めることが一番ですが、その他に目に良い栄養素を摂取することで解消しやすくなるでしょう。具体的にはどんな食べ物がいいのでしょうか。おすすめの食べ物をご紹介します。

 

◆ビタミンA

ビタミンAには、目の粘膜を保護し、網膜を健康に保つ働きがあります。不足すると、夜盲症(暗い所で見えにくくなる病気)や、角膜が乾燥して見えにくくなるなどの症状が現れます。

レバー、ウナギ、チーズ、ほうれん草、人参、かぼちゃなどに含まれます。

 

◆ビタミンB群

ビタミンB1は、「視神経の伝達機能」を回復させるのに役立ちます。またビタミンB2、ビタミンB12は細胞の再生させる働きがあります。

ビタミンB群を多く含む食品は、豚肉、レバー、ウナギ、納豆、豆腐、いわしやサバなどの青魚、緑黄色野菜などです。

 

◆ビタミンC

細胞の結合組織であるコラーゲン合成に働いて血管を強くする働きがあります。不足すると目の毛細血管が弱くなり、視力が低下します。

イチゴやキウイなどの果物や、ブロッコリーやサツマイモなどの野菜類に多く含まれます。

 

◆タウリン

交感神経を抑制し神経を休める働きがあるので、目の疲労回復にも効果的です。

イカやタコ、ホタテ、サザエ、マグロ、アサリなどの魚介類に含まれています。

 

◆アントシアニン

紫色をした色素に含まれるアントシアニンには、物を見るときに重要な働きをする「ロドプシン」という物質の再合成を活発にします。

ブルーベリー、黒豆、ぶどう、紫イモ、シソなどに含まれます。

 

日ごろから栄養バランスの良い食事を心がけ、目に良い成分を充分に摂取するようにしましょう。

 

 

目の充血を解消する4つのツボ 

目の充血がそれほどひどくない場合には病院へ行かずに自分で治すという方法もあります。

目を冷やす、休めるなどが代表的な方法です。

また目の充血を解消するツボを知っておけば普段からちょっとした目の充血には対応できます。

 

●目の充血に効くツボ①太陽

太陽は目の外側にあるツボです。

まずは目の外側と眉尻の間の高さのところに指を置いてください。

次に指二本分、さらに外側を押します。

グッと押してみて体に響く場所があればそれが太陽です。

太陽は強めにおしても大丈夫です。

 

●目の充血に効くツボ②攅竹

攅竹は眉の内側にあるツボです。

眉頭付近を指何本かを使って押してみてください。

その中に太陽を押した時と同じように体に響く場所があるはずです。

攅竹を見つけたらまずはゆっくり押して徐々に力を込めます。

 

●目の充血に効くツボ③三陰交

目の充血以外にもさまざまな体のトラブルに効くと言われているのが三陰交です。

足の内側、くるぶしに小指を置きます。

そしてそのまま指と指の間隔が開かないようにしながら手を足に沿えて、人差し指の当たる場所を確認します。

くるぶしの真上で人差し指の当たる場所が三陰交です。

体の奥にグッと肉を入れるようにして押してみてください。

 

●目の充血に効くツボ④陽白

陽白は眉の真上にあるツボです。

まずは真っ直ぐ前を向いたときの黒目の位置をチェックします。

黒目の位置から真っ直ぐ上に線を伸ばします。

次に眉毛の上の縁から指1本分上の場所を探します。

黒目の位置から伸ばした線と交わるところが陽白です。

 

目の充血にはツボ押しが効果的なこともあります。

どのツボを押すにしても具合が悪くなるほど行わないように注意してください。

 

 

その充血、疲れ目かも?!効果的!目の体操とツボ・マッサージ

充血は目の疲れからきていることも多いといわれています。そして疲れ目は、目の周りの血流が悪くなることでおこります。このため、解消するには目の周りの筋肉をほぐし血行を良くすることが有効です。「目の体操」、「ピント合わせ体操」、「ツボマッサージ」をご紹介します。

 

◆目の体操

1:目をギュッと閉じて、パッと開ける

 

2:黒目を左右に動かす

 

3:黒目を上下に動かす

 

4:黒目をぐるりと回す。右回り、左回り両方やる

 

◆ピント合わせ体操

1:近くの物を10~20秒見つめる

 

2:なるべく遠くの物に目を移し5分間ほど眺める

 

◆ツボマッサージ

1:両手の親指の腹を、左右の眉頭の少し下の骨のくぼみに当て、突き上げるように押す。

 

2:両手の人差し指の腹を、左右の眼頭の下に当て、下から上に骨を突き上げるように押す。

 

3:両手の親指の腹を左右のこめかみに当て、人差し指を軽く曲げて第二関節で眉毛を中心から外側に向けてマッサージする。

 

目の疲れには、目の周りのマッサージは効果的ですが、眼球そのものを押したりマッサージすることは危険なのでやめましょう。

(Photo by:http://www.photo-ac.com/

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

目・まぶたに関する記事

老眼は誰にでも起こる!老眼の症状と対策とトレーニング法とは?

目の老化現象、老眼っていつから?その気になる症状とは!セルフチェックとおスス...

遠くのものが見えない?知っておきたい近視、遠視、乱視のこと

  黒い影が浮かんで見える?網膜剥離を早期発見するために初期症状を知ろう!...


白内障の手術後の過ごし方と注意することは?

  白内障の術後に注意することって何? 白内障の手術後に眼内レンズを入れた後...

乱視ってどんな症状?目が眩しく感じられる病気って?目の痛みの原因って何?薬局で売ってる目薬の種類と成分

  ある日気がついたら、物が見にくい、かすんで見えるということはありません...

カラダノートひろば

目・まぶたの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る