カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. 充血 >
  5. 失明の危険性!?カラーコンタクトを着用する上で知っておきたい注意点

気になる病気・症状

失明の危険性!?カラーコンタクトを着用する上で知っておきたい注意点

瞳を大きく見せる効果のある「カラーコンタクトレンズ」。量販店やネット通販で気軽に購入できることもあり、おしゃれのアイテムとして利用する女性が多くなりました。

でも、利用していて充血してしまった経験のある方も多いのではないでしょうか。特にカラーコンタクトレンズは正しく使用しないと失明などのトラブルを招く可能性もあります。

 

レンズが粗悪品

度なしのカラーコンタクトレンズは2011年まで「雑貨」扱いで、医師の診察を受けなくても購入できました。しかし、粗悪品が出回りトラブルが続出したため、通常のコンタクトレンズと同様に「高度管理医療品」として規制の対象となり、眼科医の処方なしでは購入することができなくなりました。

 

しかし、現在も「高度管理医療品」に指定される前のレンズや海外からの輸入品など、粗悪品が出回っています。

レンズの質が悪いと、目のカーブにレンズが合わず目に傷を作ったり、色素が目の中で溶けだし、トラブルを起こすことがあります。

 

長時間使用

カラーコンタクトレンズは、レンズに着色されているため通常のコンタクトよりも酸素の透過率が悪いという特徴があります。

特に「サンドイッチ製法」といい、2枚の透明レンズの間に色素を挟み込む方法で作られているタイプのレンズは、色素の溶出の心配はないのですが、レンズが厚く、酸素の透過率は良くありません。

このため、装用時間は8~10時間となっていますが、装用時間を守れない人が多いのが現状です。

 

コンタクトレンズの長時間装用は、充血を起こすだけでなく、角膜の細胞に悪影響を及ぼし最悪の場合失明する恐れがあります。

 

カラーコンタクトを使用する場合は、眼科医の診察を受け自分の目のカーブに合った物を選ぶことが大切です。また、使用する際には、装用時間を必ず守るようにしましょう。

 

「気になる病気・症状」で人気の記事はこちら

●眼球にできもの?!白目にできる白いできものの正体

 

(photo by //www.ashinari.com/)

著者: てたもさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

充血に関する記事

とっさの判断が失明から救う!知っておきたい「薬剤が目に入った場合」の対処法

薬剤が目に入ったら、とにかく流水で10分以上目を流してください。ものにもよりま...

目の充血から疑うべき病気とは?目の充血は病気のシグナル!目が充血している方は注意!

  目の充血は様々な病気のシグナルです。 こちらでは充血が症状として見られる病...


見た目にも美しくない目の充血…簡単!対処法とは!?

目の充血の原因は大きく分けて、病気による炎症と目の酷使による疲れの2つに分けら...

目が赤くなるのは充血と出血が原因

目が赤くなる症状が出るのは目の充血がほとんどですが、時には目の血管から出血し...

カラダノートひろば

充血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る