カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産後 >
  4. 産後うつ >
  5. もしかしたらこの症状、「マタニティブルー」?そう思った時の対処法

妊娠・出産

もしかしたらこの症状、「マタニティブルー」?そう思った時の対処法

出産という大仕事を終え、幸せに包まれるとき、なんだかイライラしてしまって家族にあたってしまったり、訳もなく涙が出てしまうことがあれば、それは「マタニティブルー」かもしれません。

 

出産を機にホルモンの分泌状況が著しく変化したこと、そして慣れない授乳や育児で疲労がたまることから起こります。軽いうつ状態になってしまうようなママもいますが、そんな時はあせらずいくつかの対処法を試してみて下さい。

 

産後は「頼み上手」を目指す

産後は何かとバタバタして忙しくなります。赤ちゃんは数時間置きに授乳が必要になり、ママは睡眠もままなりません。

いつもは完璧に家事をこなしていた主婦のママも、仕事をバリバリこなしていたキャリアウーマンのママも、家の中のことが満足にできないような日が続くでしょう。

そんな時には暗く考えるのではなく、サポートしてくれる家族、特に夫に助けを求めましょう。

 

ママ友を作る

1人で赤ちゃんと向き合っていると、「どうしてこれが出来ないんだろう。」と自分1人で悩んでしまいます。1か月検診や母親学級等で同じくらいの赤ちゃんのママに出会ったら是非声をかけてみて下さい。同じ悩みや話題を共有して、少し楽になれるはずです。

 

夫婦のコミュニケーションをとる

赤ちゃんと1対1で向き合うことは重要ですが、育児は夫と協力して成し遂げていくものです。夫とコミュニケーションをとりながら進めていきましょう。たまには愚痴を聞いてもらうと、とても気持ちが楽になったりします。

 

天気のいい日には外で一人になってみる

産まれたばかりの赤ちゃんがいると、なかなか1人になる時間がありません。天気が良い日には家族に赤ちゃんを預けて、数分でも1時間でもひとりで散歩してみましょう。気分転換になるはずです。

 

マタニティブルーは、産後2~3日をピークに産後1か月程度で終わると言われています。妊娠期のつわりと同様、つらい期間はかならず終わりが来ます。難しく考えず、赤ちゃんとの明るい未来を想像しながら乗り越えましょう。

 

「妊娠・出産」で人気の記事はこちら

●食べなくても増える!?妊娠後期の体重管理

 

(Photo by:足成 )

著者: munpuriさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

産後うつに関する記事

つらい産後うつ・・気になる症状と原因、対処法とは

産後うつとは、出産2週間後から長い場合約1年ほど続くうつ状態のことです。初産婦...

知ってて良かった!落ち込んでるようなら実践!マタニティブルーの解消法

  出産後、2人に1人がなると言われるマタニティブルーですが、もしも自分がなって...

産後うつの体験談

【出産後の情緒不安定】 産後うつの乗り越え方を伝授!

無事に出産を終えて、自宅に帰り、待ちに待った赤ちゃんとの生活。それなのに、赤ちゃんと二人きりになった...

これって育児ノイローゼ???赤ちゃんのお世話は私一人きり

出産は里帰りし産後はしばらく実家で過ごす・・・ 当たり前のように聞く話ですが私は訳あって初産の時か...

カラダノートひろば

産後うつの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る