カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. パニック >
  4. 不安障害の代表的な疾患「パニック障害」日本におけるパニック障害患者の数は?

メンタル

不安障害の代表的な疾患「パニック障害」日本におけるパニック障害患者の数は?

 

精神疾患のひとつであるパニック障害は、近年よく聞かれるようになった病名です。ここではこのパニック障害について大きな枠で知っていきましょう。

 

パニック障害と共に用いられる不安障害との関係

パニック障害と言う病名と共に用いられる言葉として不安障害というものがあります。このふたつについてまず知っておきましょう。

パニック障害というのは不安障害の下位分類のひとつです。

不安障害の下にパニック障害をはじめとして、強迫性障害や外傷後ストレス障害、恐怖症などが並列して並んでいるのです。

この分類は米国精神医学会の規定した分類によるもので、他の分類では異なることがあります。

 

不安障害の中のパニック障害

不安障害とはその名前の通り、不安を主症状とする疾患を指します。不安の対象や見られる不安症状によっていくつかの疾患にわけられるということです。

その中でも、パニック障害は不安が典型的な形で現れる疾患であり、不安障害の代表格とも言えます。

 

日本におけるパニック障害の数

日本における不安障害全体の数は、生涯有病率で5%~10%ほどとされています。

その中で内訳をみてみると、特定のことに対する恐怖症が最も多く3%ほどで、次いで、全般旋不安障害、外傷性ストレス障害、パニック障害と続き、パニック障害の割合は1%に満たないくらいだということす。

これに対して精神医学の先進国であるアメリカの有病率はもっと多く15%近くになるようです。

ですから、不安障害全体で言うと10人に3人以上が不安障害を経験するとされています。ちなみに、パニック障害自体の有病率は調査によっても違いますが、1~5%ほどとされています。

 

パニック障害は患者数が増えてきている疾患とされています。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/07/23-025182.php?category=279])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

パニックに関する記事

パニック障害の原因になりうる要素が多い?!芸能人のパニック障害!

インタビューや著書で、自身がパニック障害を患っていることを告白する芸能人・著...

パニック障害が治るまでには最低でもどれくらいの時間が必要なの?

  パニック障害とは、満員電車やショッピングモールなど特定の場所で、パニック発...


パニック障害の治療には漢方薬も効果的?!パニック障害の薬物治療

パニック障害の薬物治療では、精神安定剤や抗うつ剤などを用います。また、漢方で...

過換気症候群になったらどう対処したらいい?

心に病を抱える人が増加する現代社会。不安症とともに過換気症候群発作の悩みを抱えて...

カラダノートひろば

パニックの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る