カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 糖尿病 >
  4. 薬物療法 >
  5. 経口薬の種類 >
  6. 糖尿病に効く薬はさまざま…飲み薬の種類とそれぞれの効き方を知っておこう

生活習慣病

糖尿病に効く薬はさまざま…飲み薬の種類とそれぞれの効き方を知っておこう

飲み薬がどうして糖尿病に効果的なのか知っていますか?
薬の種類によって様々な働きをしますので、いくつか簡単に説明したいと思います。


SU剤
血糖値を下げるインスリンは膵臓のβ細胞というところから出されています。
つまり、糖尿病の患者さんで体内のインスリンが不足してしまっている人はこの細胞がしっかり働いていないということになります。
SU剤は体に入るとβ細胞にくっついてインスリンを出すように指令し、インスリンが体内に溜まることで血糖値が低下します。
インスリンを直接放出する薬なので、飲みすぎると低血糖になってしまいます。

α-GI阻害薬
食事などによって体内に糖を取り込むと血糖値は上がりますよね?
このとき糖はα-GIという酵素によって分解されてから体の中に吸収されていきます。
α-GI阻害薬はその名の通り糖を分解する酵素の働きを阻害するので、糖が体に吸収されにくくなるのです。
そのため、食事の後の血糖値の上昇を抑えることができます
インスリンには関係ない薬なので、低血糖の心配はありません。

インスリン抵抗性改善薬
脂肪などの余分な細胞が増えると、インスリンの働きが弱くなってしまい血糖値が上昇します。
運動療法で肥満を解消するのはこのためでもあるんですよ。
これらの薬は脂肪細胞を分解することで、インスリンの抵抗を改善します。

三者三様の働きを持っていましたね。


糖尿病の治療薬はどんどん進化していますので、将来、更に効果があって安全な薬がでることに期待が膨らみます

・(Photo by //www.ashinari.com/2009/04/26-017743.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

経口薬の種類に関する記事

血糖降下だけでなく、脂肪肝や肥満にも効く!昔からの糖尿病治療薬「BG薬(ビグアナイド薬)」って?

  糖尿病の治療には、内服薬による薬物治療もあります。古くから使われている糖尿...

メキシレチンやプレガバリンなど…糖尿病の合併症治療薬について

   糖尿病には様々な合併症が存在しますのでそれに対する薬が併用されること...


経口血糖降下薬の種類と特徴②

  ・速効性インスリン分泌促進薬  (ファスティック、グルファスト、シュアポス...

経口血糖降下薬の種類と特徴①

    作用機序が異なる様々な薬が開発されていますので、患者さんの症状に...

カラダノートひろば

経口薬の種類の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る