カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 依存症 >
  4. その他 >
  5. 親の依存に応えてしまう子…子どもに悪影響!親離れ子離れ不適応を知っていますか?

メンタル

親の依存に応えてしまう子…子どもに悪影響!親離れ子離れ不適応を知っていますか?

心の病気というくくりに入るのではないれども、子どもの頃の人格形成などの影響で、その人が生活する上で障害が生じることがあります。

 

親離れと子離れ

子どもはいずれかのタイミングで徐々に親から離れていきます。親離れや子離れという言葉がありますが、たいていこれらは先に子どもの親離れが生じ、それに合わせて親が適切に子どもから離れていくのです。

しかし子どもが親離れを試みるのに対して、親が子離れをうまくできないと、親離れ子離れ不適応という状態になることがあります。これは精神疾患に入るものではないのですが、子どもが自立できず親から離れられなくなるため、生活する上で支障をきたすことがあります。

 

子どもがかわいいのはいいのだが…

親から見て自分の子どもをかわいいと思うのは自然なことなのですが、小さい頃のかわいさのあまり、小さいわが子との依存し合った関係をいつまでも継続したいという気持ちが無意識にあり、そのまま関係を続けようとしてしまうのが子離れできない親です。

そのため子どもが自立することを悪意なく無意識に阻止し、自分への依存を保とうとするのです。これは当然家庭内で子どもと密着度の高い母親に多いことです。

 

一方これに対して子どもは…

子どもからすると親は自分が生きていくために欠かせない存在です。

親に見放されてしまうということは生きていけないということですから、親を全面的に信頼して頼りますし、親のアクションに対して親の欲求通りの子どもを体現しようと努力します。

 

小さい頃からこうした関係が続いてしまうと、それが当たり前になってしまい親と自分との精神的な分離ができなくなります。

言い換えれば親離れ子離れ不適応という状態は、親の関わり方を原因として子どもが自分自身を喪失することとも言えるかもしれません。

 

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

人はどうして依存症になってしまうのか?脳のせいだった!?快感に注意!

どうして依存症になってしまうのでしょうか。依存症とは何か特別なひとつの物や行為...

親離れ子離れ不適応とは言うけれど…そもそも正しい親子離れの時期っていつ?

親子の距離感が近く、親離れと子離れが出来ていない状態が親離れ子離れ不適応ですが...


幸せな恋愛・結婚のために!恋愛依存症を治すための方法とは

  恋愛依存症とは恋愛にのめりこむ、そのせいで恋人と問題を起こす、常に恋愛してい...

姑対策!「親離れ子離れ不適応」の姑を持つあなたにおすすめの対処法

パートナーと結婚したときに、相手の親が子離れできていないと、面倒と感じる方もい...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る