カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 依存症 >
  4. その他 >
  5. 親離れ子離れ不適応…親が原因の場合はどうする?親を改善する方法3つ

メンタル

親離れ子離れ不適応…親が原因の場合はどうする?親を改善する方法3つ

親子という関係の結びつきは強いものですが、それでもそれぞれは別の人間で、それぞれの人生があります。しかしそれはしっかりと親離れ子離れが出てきているから言えることであって、これが出来ていないと親離れ子離れ不適応という状態になります。

 

親離れ子離れ不適応は親が大元の原因

親離れ子離れ不適応というのは、親子がそれぞれ自立した形ではなく、互いに依存し合っている状態です。状態だけを見ると依存し合っている双方に問題があるように思えますが、一番の原因は親の子離れができないことで、過保護や過干渉の環境の中で子どもが育てられることが原因になります。

 

改善方法は?

互いに依存している期間が長いほど、依存が強くなりそれぞれが自立するのが難しくなります。そのためできるだけ早い段階で対処する必要があります。

 

・夫婦仲を見直す

子離れができない親は子どもなしには自分の生活が成り立たない状態になっていることがあります。ではどうしてそんな状態になってしまったのかというと、まず考えられるのが夫婦仲です。夫婦仲が悪いと、パートナ-に向かうはずの愛情が全て子どもに向かってしまって、パートナーに対抗するかのように間違った形で愛情を注いでしまいます。

 

・深刻さを認識する

自分の子どもへの関わり方が子どもの将来をつぶしていることになると、問題の深刻さを認識すると同時に、自分の心を見つめ直すことが必要です。

 

・子ども以外に視線を向ける

子ども以外に興味関心を持つことで視野が広がります。他の親の子どもとの関わり方を見ることで、自分を見つめ直すきっかけにもなります。

 

基本的に改善するべきは親の考え方です。それに伴って子どもが正しい成長をしていければ、それぞれが自律し、親離れ子離れの状態に自然になっていきます。

 

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

宗教依存症になった家族との接し方!筆者の体験に基づくおすすめ勧誘対策と金銭対策

自分一人で宗教にのめりこむことは自由ですが、子供達が困ることも考えず近所やPT...

姑対策!「親離れ子離れ不適応」の姑を持つあなたにおすすめの対処法

パートナーと結婚したときに、相手の親が子離れできていないと、面倒と感じる方もい...


妻の実家依存、どうすれば解決できる?夫よりも実家を大切にする、「実家依存妻」の対処法

友達親子といった言葉が聞かれる時期がありました。友達のように仲良しで、洋服の貸...

常に恋愛していないとダメ!?恋愛体質というだけではないのかも…もしかして恋愛依存症?

  常に恋愛していないと…というと恋愛体質と思われがちですが『恋愛依存症』の可能...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る