カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠初期(2~4ヵ月) >
  4. 体調・症状 >
  5. 妊娠初期~妊娠後期にかけてのおっぱいの変化

妊娠・出産

妊娠初期~妊娠後期にかけてのおっぱいの変化

妊娠すると、どんどん大きくなるお腹に注意が向いてしまいがちですが、赤ちゃんに母乳を与えるため、おっぱいも10か月で劇的な変化を遂げています。おっぱいの変化を正しく知ることで、産後の母乳トラブルを避け、下垂を予防することにつながります。

 

妊娠初期の変化

乳頭や乳輪には妊娠後すぐに変化が表れます。妊娠初期の変化は、乳房全体というよりこの2点の変化がより顕著です。まずは敏感になります。乳頭が下着や衣服に触れるだけで違和感やかゆみ、痛みを感じたりします。これは乳腺が発達し始めることによるものだと言われています。

 

つぎに、色が濃くなります。妊娠によるホルモンバランスの変化で、メラニン色素が増加し、乳頭や乳輪が黒ずんだように濃くなります。

 

妊娠中期から後期の変化

妊娠後期に向けて乳房全体が徐々に大きくなります。これは乳腺が発達していると共に、身体全体と同様脂肪が付きやすくなっているためです。お腹と同様に妊娠線ができることがあるので、保湿クリーム等で妊娠線予防をする必要があります。

 

また、後期に入ると乳腺の発達により少量の乳汁が出ることがあります。乳白色の分泌物ですが、母乳の準備段階として珍しいことではありません。

 

ブラジャーはマタニティ用を着用しましょう!

妊娠前につけていたブラはバストラインをよりきれいに見せることを重視して作られています。しかし、妊娠中のブラに一番必要なことは乳腺の発達を阻害しないことです。

 

妊娠初期のうちはまだ大きさの変化が少なく、通常のブラで問題を感じることはないかもしれませんが、中期以降になったら必ずマタニティブラに変更しましょう。

 

出産間近でマタニティ用ブラもきつくなってしまったという方には、より締め付けの少ないハーフトップがおすすめです。妊娠中、おっぱいは徐々に成長していきますので、下着も少しずつ買い足すのが良いかと思います。

 

妊娠中の体の変化はめまぐるしいですが、柔軟性があり無理なく身につけられる下着を身につけるよう心掛けましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: munpuriさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

体調・症状に関する記事

病気が潜んでいることも?妊娠初期の寒気のメカニズム

妊娠すると女性の多くは寒気を感じるといわれています。では、どうして妊婦は寒気を...

「妊娠初期の頭痛」原因はホルモンバランスのせいかも!

妊娠すると女性の体には様々な変化が発生します。その代表例が頭痛です。 特に妊娠...

体調・症状の体験談

妊娠中の赤ちゃんとの気分転換

妊娠五ヶ月ですが、妊娠前よりも不安やストレスを感じてイライラしていることが多く、「その気持ちが赤ちゃ...

現在妊娠4ヶ月。頻尿と残尿感に悩まされています…

現在妊娠4ヶ月になる初マタです。 最近ある悩み事が増えました。 それは「頻尿と残尿感」です。 ...

カラダノートひろば

体調・症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る