カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 在宅ストレス症候群 >
  4. 夫在宅症候群(主人在宅ストレス症候群)…妻はどこにストレスを感じてしまうの

メンタル

夫在宅症候群(主人在宅ストレス症候群)…妻はどこにストレスを感じてしまうの

亭主関白、良妻賢母という夫や妻をあらわす言葉は基本的には良い意味で使われます。しかしこの亭主関白、良妻賢母という夫婦は時にトラブルを引き起こすことがあります。それが夫(妻)在宅症候群、あるいは主人在宅ストレス症候群です。

 

何故?夫が家にいてストレスがたまる妻

多くは定年退職をしてずっと夫が家にいることがきっかけになるのですが、それによってそれまでの自分だけで作り上げた心地の良い環境が壊れると同時に、亭主関白な夫に束縛されて妻にストレスがたまり、心身に不調が出てくるのがこの疾患です。

基本的には妻に起こるものですが、しばしば一日中妻と共に過ごす夫もストレスをかかえて発症することがあります。

 

妻のストレス1:食事

夫が仕事で日中いないときには、自分が食べる分の昼食などは手を抜いて、ありあわせのもので済ませることができました。しかし、夫が一日中家の中にいるとなると手を抜いてよかった昼食もきちんとつくらなければならず、結果3食すべての食事をきちんと用意しなければならなくなり、ストレスになります。

 

妻のストレス2:外出

外出にも夫に気を使います。時間を気にして家に戻らなければなりませんし、そもそも夫が外出することを快く思わない場合もあります。

外出は家から離れることで気分転換にはもってこいなのですが、亭主関白な夫は妻の家の中に閉じ込めておこうとする意識が強く、そのやりとりがまたストレスを生み出してしまいます。

 

妻のストレス3:夫の指示

基本的に夫は家事をするわけでもなく、ゴロゴロとしているだけの場合、夫が邪魔で掃除もきちんとできません。そのくせ、あれをしろ、これをしろと指示だけはしてきます。

しかし妻の方は文句を言うこともできず、ストレスばかりがたまってしまいます。

 

夫のストレス

夫は夫で、それまで仕事でたくさんの人と関わりを持っていたのに、妻一人と向き合うことになり、閉塞感やエネルギー発散の困難さを感じるようになりストレスがたまることがあります。

 

環境の変化そのものがストレスになりますが、それに拍車をかけているのが亭主関白な夫です。

放っておけば精神疾患やアルコール依存などを生じる場合もありますので、今一度夫婦関係を見直す必要があるかもしれません。

 

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

在宅ストレス症候群に関する記事

休日、家で何もしない夫が退職したら…妻のストレスは増大?!その理由と重要性

夫が一日中家にいることにストレスを感じるというのは夫(妻)在宅症候群と言えるか...

夫(妻)在宅症候群の症状にはどんなものがある?その先かかる可能性がある疾患とは?

夫のことを愛していても、夫の存在がストレスになることがあります。それは夫の仕事...


夫婦でいるとストレスを感じる?!夫の定年後になりやすい、夫在宅症候群

日本では夫婦は基本的には夫が外に働きに出て、妻が家を守るという形が最も多いよう...

夫(妻)在宅症候群になりやすいきっかけとは?定年退職だけじゃない!

団塊の世代が退職した2007年以降に深刻化しているのが夫(妻)在宅症候群です。...

カラダノートひろば

在宅ストレス症候群の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る