カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 統合失調症 >
  4. その他 >
  5. 統合失調症とうつ病の症状が同時に見られる統合失調症感情障害…どんな症状が出るのか

メンタル

統合失調症とうつ病の症状が同時に見られる統合失調症感情障害…どんな症状が出るのか

 

統合失調症とうつ病それぞれの症状が同時にあらわれる疾患に統合失調感情障害という疾患があります。これは以前は分裂感情障害と言われた疾患で、女性に多く見られます。

 

統合失調感情障害では以下それぞれの症状がみられます。

 

統合失調症の精神病様症状(妄想、幻覚、幻聴など)

統合失調症に特徴的に見られる症状で具体的には以下のような症状があらわれます。

・自分の考えが他人に抜き取られているように思える

・自分の行動が監視されていると感じる

・自分を非難する声が聞こえてくる

 

うつ病の気分障害的な症状(強い落ち込み、テンションが異常に高いなど)

・気持ちがさえない

・寝つきが悪く睡眠不足だ

・気持ちが沈んだまま上がってこない

・焦燥感がある

・自責の念による自殺を考える

・気分がすこぶるよい

・睡眠時間が少なくても大丈夫

・饒舌になる

・ちょっとしたことで怒る

うつ病の気分障害的な症状では抑うつ症状、そして躁症状があります。

 

これらの症状は同時に見られるだけでなく、気分障害的な症状があらわれた後、その症状が寛解し、統合失調症の精神病様症状が続くということもあります。

 

さらに双曲型と抑うつ型にわけられる

うつ病の気分障害的な症状のあらわれ方によって二つに分けることができます。これはそもそものうつ病の分け方と同じもので、

・気分の高揚する躁状態と抑うつ状態を繰り返す双曲型

・憂鬱になって意欲低下や食欲減退が続く抑うつ型

の二つに分けられます。

 

これらの症状が同時に見られる場合には良いのですが、時間の経過と共に見られる症状が変わるような場合、病院を変えたことで診断が統合失調症からうつ病になるなど、簡単に病名が変わってしまうことがあります。

正しく診断を受けるためには普段の状態などを医師に明確に伝え、できるだけ一つの病院に通うことが必要です。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2010/10/29-037033.php?category=317])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

統合失調症患者は幻聴や妄想が好き?

  統合失調症患者の幻聴は投薬やカウンセリングなどの治療によって消失していきま...

統合失調症薬『リスパダール』と抗うつ薬『パキシル』は併用してはいけない?副作用増加のリスク

2007年に厚生労働省が、統合失調症治療薬『リスペリドン(一般名:リスパダール...


統合失調症の神経脱髄が改善される可能性?抗ヒスタミン薬「クレマスチン」による効果とは

近年、統合失調症の発症原因の解明に関する研究が進められています。   岐阜薬...

妄想が現れる?統合失調感情障害(分裂感情障害)の病識

ここでは妄想や幻聴がでてくる精神病のひとつ、統合失調感情障害(分裂感情障害)に...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る