カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 自律神経失調症 >
  4. その他 >
  5. 統合失調感情障害(旧称 分裂感情障害) 妄想に気分障害の症状…どうやって治療する?

メンタル

統合失調感情障害(旧称 分裂感情障害) 妄想に気分障害の症状…どうやって治療する?

 

「テレビが自分の悪口を言っている」「自分の考えが他人にぬきとられる」「自分は盗聴されている」といった妄想や幻聴症状が見られる場合、まず考えられるのが統合失調症という精神疾患ですが、必ずしもそうとは限りません。

 

統合失調症+うつ病=統合失調感情障害

統合失調症の幻覚や幻聴、妄想と言った症状と共にうつ病の気分の落ち込みや気分の高揚などと言った症状が見られる疾患が統合失調感情障害という疾患です。

以前は分裂感情障害と呼ばれていたこの疾患は、一つの疾患と考えられたり、二つの疾患が同時に生じていると考えられたり、分類が明確になっていない部分もあります。

 

どうやって治療するのか?

統合失調気分障害の治療は症状を生み出すに至った脳機能異常を改善するために薬物療法を行うことがメインの治療法になります。

そもそも精神疾患の治療は見られている症状に沿って薬剤が処方されるため、統合失調症やうつ病に処方する薬剤とそう変わりません。基本的には気分安定薬や抗うつ薬、抗躁薬などを使用し、個々の病態に応じて抗精神病薬や、睡眠薬などが処方されます。

 

家族のサポートが大事

他の精神疾患の治療と同じく、薬だけの治療に頼るのではなく周囲のサポートを厚くすることも非常に大切です。

特に統合失調感情障害では、症状のあらわれ方が複雑なため、患者さん本人も疲れてしまいますが、サポートする方からしても患者さん本人に対してや、自分の心の持っていき方といった対応が難しく、心理的な負担が大きくなってしまうこともあります。

 

特に複雑な症状が見られるため、もしかしたら他の疾患が隠れている可能性もあります。そのため周りの方が症状を普段から観察し、医師と密に連携していく必要があります。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/05/10-019847.php?category=268])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

その他に関する記事

仕事に復帰したら気をつけたいこと

  病気療養明けの仕事復帰は、非常にたくさんの仕事が待ち受けています。そんな中...

甘いものはいい?悪い?糖分の取りすぎに注意!

  多くの人が経験していると思いますが、一般的に疲れたときは、甘いものが食べた...


神経の異常、何科にかかればいいの!?

  めまいや、動機、息切れといった身体の症状から、イライラや不安感、恐怖感...

休むってどう休めばいいの?

  自律神経失調症になりやすい人は性格に共通するものがあります。それは、「良い...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る