カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 人格障害 >
  4. 強い思い込みが持続する妄想性障害…妄想性障害の5つの妄想の種類って?

メンタル

強い思い込みが持続する妄想性障害…妄想性障害の5つの妄想の種類って?

 

妄想を症状とする精神疾患はいくつかありますが、その中のひとつに妄想性障害という疾患があります。

これは通常社会的機能を果たす状態ができる人に起こる疾患で、患者は仕事を持って健常者と同じように仕事をしていることが多いようです。

 

妄想の種類

明確な分類として、妄想を5つの種類の分けることができます。

・色情型

誰かが自分に心を寄せているという思い込みをします。性的な妄想よりも利己的な思想的恋愛を求める傾向があり、電話や手紙ひいてはストーカー行為などによって妄想の対象と接触をはかろうとします。

対象とする人には自分より社会的地位があったり、身分が高い人が多いですが、全く見知らぬ人の場合もあります。

 

・誇大型

「自分には偉大な才能があり、素晴らしい功績を残した」「自分でこの研究をし重大な発見をした」「素晴らしい開発をした」などの他人が認めていない妄想を持ちます。

 

・嫉妬型

恋人や配偶者が浮気をしているとあいまいな証拠から信じ込みます。浮気を阻止しようと行動することもあり、傷害事件に発展することもあります。

 

・被害型

「自分は騙されている」「陰謀を企てられている」「監視されている」「嫌がらせを受けている」「中傷されている」などと思い込みます。

これに対して法的な方法に訴えて繰り返し正当性を主張し、補償によって償わせることで満足を得ようとしたり、想像上の迫害に対して報復をはかろうと、暴力的な手段に出ることもあります。

 

・身体型

体に不自由がある、体臭がする、口臭がする、人より鼻が曲がっている、心臓が悪い、自分は寄生虫に感染しているなどと言った体の機能や知覚に関する妄想を抱きます。

 

妄想するタイプによっては人に危害を加えたり、人を巻き込んでトラブルを生じる場合があります。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/04/19-017301.php?category=48])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

人格障害に関する記事

無関心な人格障害…こんなトラブル、こんな長所があります

  人はそれぞれコミュニケーションのとり方や、物事の考え方、行動の仕方などが違...

強迫性人格障害を治療する方法とは?治療は心理療法中心!治療薬は?

  完璧主義ゆえにルールを守らないといけない、そしてルールに縛られる苦しさを感...


情緒不安定性人格障害で不安定になる『アイデンティティ』って何だろう?

  情緒不安定性人格障害は、感情のコントロールが出来ないことで対人関係が著しく...

近しい人が情緒不安定性人格障害…どんな形で付き合えばいい?

  情緒不安定性人格障害は名前の通りさまざまな情緒が不安定な状態で、境界性人格...

カラダノートひろば

人格障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る