カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 人格障害 >
  4. 妄想性障害だと診断される基準は5つ。診断基準をチェックしてみよう

メンタル

妄想性障害だと診断される基準は5つ。診断基準をチェックしてみよう

妄想が激しい人も、人に迷惑をかけるのではなればただ変わった考え方を持った人です。

 

しかし、自分の中の妄想が人を巻き込んでトラブルを引き起こしたり、自分の生活が困難になったりすると問題です。

 

妄想がとまらない妄想性障害

配偶者が浮気をしているのではないかと疑っているとしても、それはもしかしたら違うのではないかという葛藤の下であったり、革新的な証拠から浮気を疑ったりするのが普通です。

 

しかし、あいまいな証拠から配偶者が浮気していると思い込み、それが継続的に見られる場合、それは妄想とくくられます。このような症状が生じる疾患に妄想性障害という精神病性障害があります。

 

妄想性障害の「DSM-Ⅳ」における診断基準って?

この妄想性障害は、配偶者の浮気を疑うだけでなく、いろいろなタイプがあります。それらをひっくるめて妄想性障害と診断するのに用いる基準のひとつが、アメリカ精神医学会の「DSM-Ⅳ」という基準を用います。

 

DSM-Ⅳの妄想性障害の診断基準では、A~Eと区別された診断基準が設けられており、これらのすべてにあてはまる場合に妄想性障害と診断されます。

 

奇異でない内容の妄想(つまり現実生活で起こる状況に関するもの。例えば追跡される、毒をもられる、病気をうつされる、遠く離れた人に愛される、配偶者や恋人に裏切られる、病気を持っているなど)が少なくとも1ヶ月以上持続している

 

統合失調症の基準Aを満たしたことがない

 

妄想またはその発展の直接的影響以外に、機能は著しく障害されておらず、行動にも目立った風変わりさや奇妙さはない

 

気分エピソードが妄想と同時に生じていたとしても、その継続期間の合計は妄想の持続期間と比べて短い

 

その障害は物質(乱用薬物や投薬)や一般的身体疾患による直接的な生理学的作用によるものではない

 

この診断基準を見ると分かると思いますが、妄想を伴う特定の状況が他にないことが確認されれば、本人の病歴も併せて考え、妄想性障害と診断されます。

 

診断に際しては医師が患者の危険性(他人に危害を加えるなど)を評価する必要があり、特に患者がどの程度まで自分の妄想に基づいて行動するつもりでいるのかを評価することが重要です。

(Photo by: http://www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

人格障害に関する記事

人格障害における8性格とは?

  人はそれぞれの性格があり、アクの強い人や穏やかな人など実に様々です。それは...

融通が利かない…「白か黒か」 禁欲的なタイプの強迫性人格障害とは

  異常なまでの完璧主義が特徴として知られる強迫性人格障害には5つのタイプに分類...


境界性人格障害の3つの特徴!

  多くの精神疾患と同じように、境界性人格障害もある日を境に人格障害になりまし...

妄想性人格障害の5タイプ

  人格障害の中に妄想性人格障害というものがあります。これは他人に対して根拠の...

カラダノートひろば

人格障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る