カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 食事療法 >
  5. 減塩 >
  6. 意外と気を付けたい和食の塩分を知っておこう!

生活習慣病

意外と気を付けたい和食の塩分を知っておこう!

和食は洋食に比べれば、ヘルシーですが塩分は意外と多いこと、ご存知ですか?
よくある朝食メニューもちょっとした工夫とメニューの選び方で塩分を抑えることができます。
 

<よくある献立>(塩分量7.1g)

・ごはん
・わかめと玉ねぎの味噌汁(塩分1.6g)
・あじのひらき(塩分2.4g)
・さつま揚げと野菜の煮物(塩分2.2g)
・たくあん(塩分0.9g)
 
これだけで、7g以上の塩分を摂取してしまっていますが、これを以下のメニューに置き換えると…
 

<塩分控えめメニュー>(塩分量3.2g)

・ごはん
・とろろこぶと野菜の味噌汁(塩分0.6g)
・あじの塩焼き(塩分1.2g)
・あぶら揚げと野菜の煮物(塩分1.1g)
・かぶときゅうりのレモン漬け(塩分0.3g)
 
品数は変わりませんが、塩分が半分以下になっています。
干物や練り物は塩分が多いので、なるべく避けるようにします。
うまみや酸味など、塩分が少なくても満足できるような味付けにして、素材本来の味を楽しむことができます。
 
日々の食事、ちょっと見直すだけでこんなにも違います! 
(photo by写真AC)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

減塩に関する記事

塩分過多の対策にはカリウムを

    ■日本人の高血圧対策として最も合理的なのが塩分制限です。 日本...

減塩は一気にやらない方がいい?今からでもできる減塩のファーストステップ

高血圧症は日本国民の多くが悩まされる病気です。しかし自覚症状が少なく、危機感を...


高血圧予防の減塩醤油は普通の醤油よりどれくらい塩分が少ないの?

  高血圧予防、もしくは高血圧の改善のために調味料に気を配る場合もあるはずです...

高血圧と関係が深い塩分 ‐どのような塩分かで差が出る高血圧症状‐

  塩分は高血圧を作る悪の諸悪の根源のように、世の中では言われています。減...

カラダノートひろば

減塩の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る