カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 解離性障害 >
  4. 解離性同一性障害であらわれる「人格」 人格と交代人格と基本人格…何が違うの?

メンタル

解離性同一性障害であらわれる「人格」 人格と交代人格と基本人格…何が違うの?

 

普通の人は昨日の自分は今の自分とは違うということ起こりえません。

昨日の自分も今の自分と同じ自分であるし、当然一貫しています。

 

解離性同一性障害(多重人格)

一人の人の中にいくつかの人格状態が生じる疾患が解離性同一性障害です。

以前は多重人格と言われており、まだそちらの言葉の方が耳馴染みがよいかもしれません。

 

解離性同一性障害を発症している人は、内的に複数の人格が相互的に作用して支え合うシステムを構築しています。

 

解離性同一性障害の人格はどうなってるの?主人格と交代人格と基本人格

システムを構成するのに重要な要素は人格です。この人格には以下の3つににわけることができます。

・長時間にわたって体を支配する主人各

・複数の別人格状態である交代人格

・生まれたときからその人に備わっており社会的にその人の名前を持つ基本人格

主人格は最もその人の体を支配している時間が長いというだけであって、交代人格よりも秀でているとか、上下関係にあり命令や指示ができるというわけではありません。また主人格と基本人格が同一の場合もあります。

 

人格同士の力関係

複数の人格状態の間の力関係は患者さんによって異なります。それぞれの力関係や役割分担、相互関係については実際にそれぞれの人格状態と話してみないと分かりません。

また主人格と基本人格が同一と思われても、本人と同じ名前を持っているだけで、本人の人格とは異なる趣味や思想、性格、価値観を持っている別の人格状態の場合もありますので、治療に際しては慎重に見極めていかなければいけない部分です。

 

解離性同一性障害は、基本的には幼少期の経験によって生じているものですので、それを緩和していく方向で治療がなされますが、出てくる人格を正しく見極めると言う点の困難は大きいようです。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/08/05-025811.php?category=226])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

解離性障害に関する記事

失われた記憶にどう対応する?記憶を失った患者さんはどのような行動に出る?

  自分の身にトラブルが降りかかり、そのトラブルに対する自分の感情が自分の心を...

解離性健忘を再発させないために…知っておきたいこと

  解離性健忘は記憶喪失とほぼ同義語ですが、さまざまなパターンがあります。 ...


意識もなく逃げ出す、解離性とん走とは?

  解離性障害の症状の中に解離性とん走というものがあります。解離性とん走とは、...

解離性障害とは?~解離性同一性障害(多重人格障害)~

    解離性障害(Dissociative Disorder)として有名なも...

カラダノートひろば

解離性障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る