カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 男性のカラダの悩み >
  3. 過敏性腸症候群(IBS) >
  4. 原因 >
  5. 胃腸風邪の後に続く下痢は過敏性腸症候群かも?!

男性のカラダの悩み

胃腸風邪の後に続く下痢は過敏性腸症候群かも?!

 

 

特に胃腸に異常がないのに、下痢と便秘を繰り返すのが特徴の過敏性腸症候群(IBS)。

ストレスが原因とも言われますが、過敏性腸症候群を発症するきっかけに、感染性腸炎が関係していることはご存知でしょうか?

 

感染性腸炎とは?

 感染性腸炎には、細菌性腸炎ウイルス性腸炎の2種類があります。

 

・細菌性腸炎

細菌性腸炎とは、いわゆる食中毒です。O-157などの大腸菌ややサルモネラ菌に代表されるような細菌が食べ物を介して口に入ることで発症します。

 

・ウイルス性腸炎

ウイルス性腸炎はロタウイルス・ノロウイルス・アデノウイルスのようにウイルスを介して感染します。子供や高齢者で感染が広がりやすく、吐物や便から浮遊したウイルスで感染してしまいます。

 

 

感染性腸炎後、どのくらいの人が過敏性腸症候群になるの?

英国の学術誌に発表された研究結果によると、感染性胃腸炎を患った人の3割過敏性腸症候群に移行したと発表されています。

日本でも、過敏性腸症候群の患者さんの多くに、過去に感染性腸炎にかかったことがある人がいたそうです。

海外の研究では、更にストレスに弱い人が過敏性腸症候群に移行したという結果も合わせて示されています。

感染性腸炎と過敏性腸症候群との関連ははっきりわかっていませんが、腸の粘膜が腸炎の変化を記憶してしまうという説や、腸炎によって腸内細菌に変化が起こるという説もあります。

 

一旦腸炎が治ったら、もう大丈夫?

感染性腸炎の症状が治まってからしばらくして、過敏性腸症候群の症状が現れることもあります。

 

感染性腸炎が原因の場合、治療法はどうなるの?

感染性腸炎がきっかけとなって過敏性腸症候群を発症した場合は、抗生物質を一定期間服用することで改善する可能性があるという意見の医師もいます。

今後は、除菌療法なども開発される可能性があるようです。

 

 

感染性腸炎は、発熱やひどい嘔吐・下痢など、症状そのものも辛いことが多い病気です。過敏性腸症候群につながる可能性があるならば、なおさら感染には十分注意をしていきたいですね。

感染性腸炎の予防の基本は、やはり「手洗い」です。調理の前やトイレの後、食事の前の丁寧な手洗いを習慣化しましょう!

 

 

(photo by:https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/img.photo-ac/05/058d0373d88a5142d405b116af81a8f9_w.jpg)

著者: komachiさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

過敏性腸症候群の原因は、腸内細菌?!

    ストレスが大きな原因と言われている過敏性腸症候群(IBS)。しかし、...

辛い腹痛を伴う過敏性腸症候群

     便秘や下痢があり、排便までは腹痛や下腹部不快感があるものの、排便によ...


症状が悪化する原因!?過敏性腸症候群とセロトニンの関係

強い腹痛を伴う下痢には、様々な種類があり、過敏性腸症候群の症状の一つでもある下...

過敏性腸症候群の原因って?ストレスや不摂生な生活が原因…!?

過敏性腸症候群は大腸に発生する病気です。この原因についてどのようなものがある...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る