カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 引きこもり >
  4. いじめ、失敗、挫折…社会的引きこもりの特徴…症状とは

メンタル

いじめ、失敗、挫折…社会的引きこもりの特徴…症状とは

 

一般的な引きこもりというイメージからすると、想像する引きこもりは社会的引きこもりだと思います。

社会的引きこもりとはいじめや失敗など何らかの挫折経験をきっかけにして生じる引きこもりで、不登校が引きこもりの始まりになっている場合が圧倒的に多い引きこもりです。

 

社会的引きこもり以外には精神疾患などが原因となる引きこもりがありますが、それとは違った特徴が見られます。

 

社会的引きこもりの特徴

・引きこもりのきっかけになった出来事(失敗・いじめ・外傷体験など)を引きずっている

・ほとんど外出しない、外出できない

・不登校から始まり、長期化する

・学校を卒業して社会に出るきっかけがなくなり、長期化している

・現実の生活から目を背けるため昼夜が逆転している

・昼夜逆転生活のため、体のリズムが崩れ、不眠症になっていることがある

・ストレスの発散がうまくできず家庭内暴力や非行といった形であらわれる

 

特に引きこもっている期間が長期間になると、精神疾患や精神疾患のような症状が見られるようになってきます。

 

社会的引きこもりの症状

・退行が見られる

・過度の手洗いや確認行為、繰り返し行為などの強迫症状が見られる

・他人の視線や自分への反応に恐怖を感じる対人恐怖症を生じる

・特定の環境で動悸や過呼吸などを症状とするパニック症状が見られる

・被害妄想が増大する

・摂食障害が生じる

・自殺念慮や自殺企図がみられる

・不安感や取り残され感、罪悪感、絶望感、孤独感を感じている

これらすべての症状が出てくるわけではなく、これらのうちのどれか、あるいはいくつの症状が見られるようになることがあります。

 

日本の場合、子どもが大人になっても親と子どもが互いに情緒的に依存し合って、いつまで経っても引きこもりの状態から抜け出せないこともしばしばあります。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2014/02/07-385704.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

引きこもりに関する記事

どうしたらいい?引きこもりからの脱出!-体力づくり編-

  引きこもりになっている間はあまり気づかないのですが、実は引きこもっていると体...

引きこもりの陰に隠れた精神疾患 引きこもりから二次的に精神疾患を発症することも!?

  厚生労働省が定義する引きこもりは、「精神疾患を原因としない」となっています...


引きこもりからの脱出!-アルバイトから始める仕事編-

  引きこもりから脱出するために大事なことと言えば、やはり仕事を始めることです...

引きこもりは体を守るためのもの? 自己防衛または休息期間と捉えよう

  引きこもりという言葉が世に定着してから、それまでたくさんいたけれども認知さ...

カラダノートひろば

引きこもりの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る