カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 不安・恐怖 >
  4. 閉所恐怖症 >
  5. 狭い場所に閉じ込められると怖い…閉所恐怖症は恐怖症とパニック障害の二つに分けられます

メンタル

狭い場所に閉じ込められると怖い…閉所恐怖症は恐怖症とパニック障害の二つに分けられます

エレベーターの中や電車、バスと言った場所に恐怖感を感じる閉所恐怖症というものがあります。イメージとしては密閉された空間で起こる印象がありますが、そうでなくてもMRIの検査装置や、試着室などと言った場合で生じることもあります。

 

ふたつにわけられる閉所恐怖症

閉所恐怖症というのは以下の二つに大分することができます。

 

単一な恐怖症としての閉所恐怖症

・恐怖症とは

恐怖症と言うのは特定の物や状況に恐怖を感じ、それを避けたり我慢したりするものです。恐怖の対象は様々で、対人恐怖症や社会恐怖症、男性恐怖症、醜形恐怖症など挙げていけばきりがありません。

 

・恐怖症のひとつの場合

恐怖症のひとつとしての閉所恐怖症の場合は、単純に閉所が怖いのであって発作などが起きるわけではありません。ただ閉所そのものが怖いのです。

 

この場合ケースによりますが、次に説明するパニック障害として閉所恐怖症よりも治る可能性が高く、生活への影響が低いと言えます。

 

パニック障害としての閉所恐怖症

・パニック障害とは

パニック障害ではパニック発作が最もよく見られる症状です。「自分はこのまま死ぬのではないか」と思うくらいの動悸や息苦しさと言った発作が見られますが、すぐに治まります。

 

また、この発作が起こるのではないかという心配が、発作を引き起こすことも特徴です。

 

・パニック障害のひとつの場合

発作が最も特徴的です。パニック障害の場合、閉所が怖いのではなく、閉所に言って発作が起こることが予想されて怖い、あるいは発作を生じるというのが特徴です。恐怖症の場合と比べるとパニック障害の方が重症と言えます。

 

もしかしたら閉所と共に過去の嫌な思い出を想起するという場合には、心的外傷後ストレス障害の可能性も否定できません。

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

閉所恐怖症に関する記事

パニック障害の症状の1つかも?閉所恐怖症には2つのパターンがあります!

  狭い場所、閉塞感を恐れるのが、「閉所恐怖症」です。閉所恐怖症は不安障害の一...

狭い場所での検査は無理…?閉所恐怖症でも受けられるMRI検査があるんです!

  閉所恐怖症の人が恐れるものには押入れの中、エレベーターなどのほかに、MRI...


閉所恐怖症はどんな症状?どんな場所で起こるの?

  恐怖症の中に閉所恐怖症というものがあります。 これは文字通り、エレベータ...

ヘルメットや人混み、海中など…こんな場所でも起こります!閉所恐怖症の具体例

  閉所恐怖症は、閉塞感を感じるさまざまな状況が恐怖の対象になります。一般的によ...

カラダノートひろば

閉所恐怖症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る