カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 不安・恐怖 >
  4. 高所恐怖症 >
  5. 高所恐怖症の要因とは?小さい頃の経験が原因に…脳内で高所回避のプログラムができてしまう!?

メンタル

高所恐怖症の要因とは?小さい頃の経験が原因に…脳内で高所回避のプログラムができてしまう!?

 

高い不安定な場所で恐怖感を感じるのは人であれば当たり前です。そうした危険な場所で恐怖を感じなければ自分の命を守るのに支障が出てしまいます。

 

安全なのに怖い

高所でも飛行機やビル、観覧車、頑丈な橋などは特別な場合を除いてほぼ安全が確保されています。

しかし、そうした場所でも恐怖を感じるのが高所恐怖症です。症状や発症する状況などは人それぞれで違います。

 

高所恐怖症の共通点:過去の恐怖体験

特に極度の高所恐怖症の場合、過去の恐怖体験の存在が共通している傾向があります。

例えば以下のような経験です。

・子どもの頃に高い場所から落ちた

・子どもの頃に高い場所で強い不安を感じた

・子どもの頃に高い場所が怖くなるような話を聞いた

本人はそれを明確に覚えているかもしれませんし、記憶は薄れていて体だけがそのことを覚えているかもしれません。

 

この経験をすると、どうなるのか?

体はこうした経験をすることで、「高い場所=危険」という学習をします。それによって無意識に脳が高いところを回避しようと反応してしまうようになるのです。というのも、脳は本能として体の安全や安心を確保する機能が備わっています。

人間が生きている限り生命を維持することが大きなテーマのひとつですからこの行動は欠かすことができません。

ですから高い場所という危険から回避するため、一番効果的な方法として高いところに行かないという方法を選択しようとし、そのために高いところに行きたくないと体に反応させて危険回避を試みるのです。

 

高所恐怖症は人の防衛プログラムです。

脳のシステムとしてそれができ上がってしまっているわけですし、脳は何も体に意地悪をしようとしてプログラムを発動させているのではなく、体を守るために必死なのです。

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/01/29-375803.php])

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

高所恐怖症に関する記事

恐怖は治まる!高所恐怖症の治療の考え方の基本

  高所恐怖症に悩んでいる方を見たことがある、身近な知り合いが高所恐怖症という...

ついに発見された!高所恐怖症に効果のある薬は『コルチゾールの入ったカプセル』

恐怖症の治療は曝露反応妨害療法が基本で、恐怖と思うものを体験します。その繰り返...


高所恐怖症の治療に必要な『大丈夫』な体験って何だろう?

高所恐怖症の治療は、あえて高いところに身を置く治療法ですが、その際に大事なのが...

高所恐怖症の新治療法「バーチャルリアリティ行動療法」とは?

  高所恐怖症の治療は、一筋縄ではいきません。そんな中で、安全かつ着実に治療効...

カラダノートひろば

高所恐怖症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る