カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 不安・恐怖 >
  4. 高所恐怖症 >
  5. 自己流は危険!高所恐怖症の克服方法 「怖い」と思うことが治療になる!

メンタル

自己流は危険!高所恐怖症の克服方法 「怖い」と思うことが治療になる!

恐怖は体を危険から守るプログラムとして欠かせないものです。しかしそれは正確に危険を判断できていればの話であって、危険でないものまで危険と判断してしまうのは問題です。

 

安全でも高い場所は恐怖に感じてしまう?

高いビルの中や、高架式の道路などは高い場所でも安全性が確保されています。そのため、高いところが苦手という人でもこうした場所なら高い場所への恐怖を感じないという人が多いですが、安全性が確保された場所でも高いというだけで恐怖を感じてしまうのが高所恐怖症という恐怖症です。

 

「怖くない」と思うのが逆効果になる

高所恐怖症を克服しようと考えたとき、自己流で自分から高い場所に行き「怖くない怖くない」と念じるように自分に思い込ませるというのは逆効果になります。

 

怖くないと自分に暗示をかけようとすることで、むしろ高所に対する恐怖が自分の中で際立ってしまい、結果的に高所に対する意識が増大してしまうことになるのです。

 

自分で恐怖心をあおってしまうと、それによって発汗や手足の震えと言った症状が大きくなることもありますし、中にはパニック発作を引き起こすようになってしまうこともあります。

 

「怖い」と思うことが治療になるんです!

高所恐怖症の治療には薬物療法と精神療法の二つがありますが、根本的な治療は精神療法です。

 

その治療では正面から「高所での恐怖」に向き合うことが必要になります。恐怖を自覚しながらその場で耐えていると、次第に恐怖心のピークが過ぎて少しずつ状態が落ち着いてきて慣れてきます。

 

それを繰り返していくことで、高所に対して心の耐性ができてきて、脳が「高所=危険」という強い結び付けを緩めていけるのです。

 

自己流で高所恐怖症を克服しようとするのはとても危険です。本当に高所恐怖症で、それを克服しようとしているならば、しっかりと治療する方がよいでしょう。 

(Photo by: [//www.ashinari.com/])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

高所恐怖症に関する記事

急な出張や旅行でも大丈夫!高所恐怖症の人ならではの飛行機対策

  高所恐怖症の方が避けて通れない状況のひとつに『飛行機に乗らなくてはならない...

あなたは高所恐怖症?具体的に恐怖が生じる状況ってどんなもの?

  自分は高所恐怖症だと思っている人は意外に多いようです。恐怖症の中でも有名な...


恐怖は治まる!高所恐怖症の治療の考え方の基本

  高所恐怖症に悩んでいる方を見たことがある、身近な知り合いが高所恐怖症という...

カラダノートひろば

高所恐怖症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る